愛川・清川版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

水源地の魅力発信 つつじまつりに2万6千人

社会

特設ステージでのよさこいダンス
特設ステージでのよさこいダンス
 愛川町半原の県立あいかわ公園で4月29日、あいかわ公園つつじまつりが開催された。大型連休の晴天とあって、昨年を上回る2万6千人(同祭実行委員会発表)が来場。会場は様々なイベントで賑わった。

 このイベントは、水源地域である愛川町の自然・歴史文化などの発信や、自然環境保全への理解を深めてもらうことを目的に毎年行われているもので、今年で16回目。

 特設ステージでは、子どもたちに人気のヒーローショーや県立愛川高校生徒による和太鼓、町内ダンスチームによる演舞などが行われ、会場を盛り上げた。

 また、体験コーナーでは組ひもや藍染め、手すき和紙、木工細工などに挑戦する親子連れの姿も見られた。

 このほか、今年は宮ヶ瀬ダムの管理用階段(フーチング階段)の開放や、ふれあい広場でのセグウェイ体験など新たな企画も行われ、来場者たちは初夏の風を感じながら思い思いに一日を楽しんでいた。

セグウェイ体験
セグウェイ体験

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

身近な野鳥の世界

身近な野鳥の世界

郷土資料館で写真展

5月12日~6月10日

愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク