愛川・清川版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

災害時に段ボール提供 コンポー(株)と3自治会が覚書

社会

締結式の様子
締結式の様子
 ダンボールの製造を行うコンポー株式会社(歳原博幸代表取締役社長/内陸工業団地内)と、厚木市の藤塚中学校避難所運営委員会は6月20日、「災害発生における物資提供に関する覚書」を締結した。

 同委員会は、厚木市の下川入第一自治会・新開自治会・藤塚団地自治会の3自治会で構成。2年に一度、藤塚中のグラウンドで防災訓練を行ってきた。昨年9月、実際に避難場所として使用される体育館で初めて訓練を実施。そのとき、プライバシー保護のための間仕切りや、トイレなどの囲みに使うダンボールの必要性を感じたという。

 その後、歳原社長へ物資提供の話をしたところ、快諾を得て、覚書の締結に至った。

 ダンボールは、間仕切りや囲みのほかにも、毛布の下に敷くことで暖をとる役割や、テーブルや椅子などにもなり、用途は多種多様。同委員会では、「ダンボールは、様々な大きさのものがあるので、色んな発想ができる」と話す。

 同社は東日本大震災の際、宮城県石巻市雄勝町へダンボールの提供だけでなく、実際に現地に赴き復興支援を行ってきた。また、愛甲商工会女性部が行う災害時用簡易トイレづくりの講習では、材料の段ボールの提供も行っている。同社は「実際に災害が起きたときに迅速に動くことは難しい。いざというときのために、備えがあれば」と話す。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク