愛川・清川版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • hatena

清川村 官学連携で説明会 特産品開発プロジェクト

社会

村職員が学生に清川を紹介
村職員が学生に清川を紹介
 地方創生の一環として地域活性化に取り組む清川村では、今年度に特産品開発施設やカフェ・レストラン、地域医療施設が一体化した「ローカルイノベーション拠点施設整備事業」を進めている。

 これに伴い、特産品研究の分野で官学連携を図るため、「清川村×相模女子大特産品開発プロジェクト」を企画。6月26日に相模女子大学で第1回目の学生向け説明会を実施した。

 この日は、村職員や村内で活動する地域おこし協力隊の稲葉智美さんが学生に清川村の観光や現在の特産品、地方創生の取り組み、新たに整備する拠点のコンセプトなどを紹介した。

 さらに、村と同大学の連携として、「特産品の6次産業化」「レストランメニューの考案」「商品パッケージのデザイン」など、予定している内容を詳しく説明した。

 村政策推進課によると、今後は同大学との包括協定を締結する予定で、村内のイベントに参加してもらうことで学生に村を知ってもらう活動などを経て、徐々に連携を強化していきたい考えだ。同課では「特産品を今以上に活用するために、調理や食品の知識が豊富な若い女性の目線が重要だと感じています。また、SNSなどでの情報発信にも期待しています」と話す。7月上旬には第2回目の説明会を行い、栄養や調理、保育など、幅広い学部の学生に協力を呼びかけるという。

 新拠点の整備工事は2月末までに行われ、新年度から本格的な運用が予定されている。同課では「拠点の運用開始と同時に同大学と連携して動けるように体制作りを進めたい」と語る。

愛川・清川版のローカルニュース最新6件

事故に気をつけて明るい年末年始を

交通安全特別企画

事故に気をつけて明るい年末年始を

12月14日号

パラスポーツを知ろう

SC、最終節を勝利で飾る

イルミで交通安全

イルミで交通安全

12月14日号

一日署長に皆川アナ

11人3店舗を表彰

町商工業振興功労表彰

11人3店舗を表彰

12月14日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月15日0:00更新

  • 8月14日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク