横須賀版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

くりはま花の国冬に咲くアイスチューリップ 見ごろは今月末から

社会

赤く咲き始めたアイスチューリップ(=今月17日撮影)
赤く咲き始めたアイスチューリップ(=今月17日撮影)

 くりはま花の国のポピー園前広場にある円形花壇では、「アイスチューリップ」が咲き始めている。同ハーブ園管理事務所によると、今年は例年より開花がやや遅めで、見ごろを迎えるのは今月末の見込み。2月末頃まで楽しめるという。

 アイスチューリップは、球根を一度冷凍処理して植えることで、温度差を春の訪れと勘違いしたチューリップが花を咲かせるもの。約1ヵ月もの長い間、鮮やかな姿を見せるのも特徴。季節外れの珍しい光景と、一足早い春の香りに誘われて、毎年家族連れなどで賑わいを見せている。

 今年は、赤いチューリップが約3000本植えられており、これから花壇を鮮やかに彩りそうだ。

 このほか、ハーブ園ではローズマリーやレース・ラベンダーが見ごろを迎えている。また、園路花壇では、株全体を白く覆ったノースポールと、オレンジと黄色い花びらが目を引くパンジーが5分咲き。

 見ごろなどの問合せは、くりはま花の国ハーブ園管理事務所【電話】046(833)8282まで。ホームページ(「くりはま花の国」で検索)でも園内の開花情報を見ることができる。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク