横須賀版 掲載号:2011年1月21日号
  • googleplus
  • LINE

寒空に響くジャズの音色 週末の夜賑わす市井のジャズマン

横須賀高校出身の秦野さん(=写真左)。青春時代を過ごした地はまさにホームグランド。湘南近辺の路上にも立ったが「ヨコスカは文化を受け入れる心が一番寛大」と話す。金曜夜は相棒の女性シンガーK帽(=写真右)とともに
横須賀高校出身の秦野さん(=写真左)。青春時代を過ごした地はまさにホームグランド。湘南近辺の路上にも立ったが「ヨコスカは文化を受け入れる心が一番寛大」と話す。金曜夜は相棒の女性シンガーK帽(=写真右)とともに

 気温5度。寒空の横須賀中央のYデッキ下。凍てつく空気に戦いを挑むかのように秦野(はたの)春樹さん(逗子市在住/62歳)が、年季の入ったテナー・サックスでジャズのスタンダードナンバーを吹き鳴らすと、閑散としていたあたりがにわかに活気付いた。彼の熱気に圧された通行人がしばし足を止めて聴いていく。馴染み客が近づいて”投げ銭”を置いていく姿も。金曜夜のおなじみの光景だ。

 ジャズミュージシャンの秦野さんが路上で演奏を始めたのは10年ほど前。かつての活躍場所だったピザハウスやジャズバー、グランドキャバレーが軒並み姿を消したことが理由だという。「場所がなければ自分で開拓するしかない。人に聴かせて、楽しませてこそ音楽。行き交う人を立ち止まらせることができれば、『やった』という感じ」と真冬の寒さも意に介していない様子。

 ”ジャズ流し”を自称しており、リクエストにも応える。「時には演歌もせがまれるが、そこはジャズ風の味付けで」と秦野さん。

 演奏に聴き入っていた年配客のひとりは「”ジャズの街ヨコスカ”も今は昔。市井のジャズマンとして頑張って欲しいね」とエールを送っていた。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク