横須賀版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

上手なお金の使い方 三浦藤沢信金の「出前金融授業」

「帳簿上の出し入れだけでなく模擬紙幣を用いることが金融授業のポイント」と同信金の田中副部長。お金の増減をリアルに感じることができるという
「帳簿上の出し入れだけでなく模擬紙幣を用いることが金融授業のポイント」と同信金の田中副部長。お金の増減をリアルに感じることができるという

 三浦藤沢信用金庫(平松廣司理事長)では、金融の仕組みやお金の流れをわかりやすく解説する「出前金融授業」を行っている。金融のプロである職員が先生役となって、「お金の役割は?」「どうして無駄遣いをしてはいけない?」「貯金は必要?」などの疑問に答えている。内容や教材はすべて職員のお手製。お金の大切さに気づかせる”きっかけ”を提供している。

 今月4日、県立武山養護学校津久井浜分教室では、卒業を控えた3年生14人が「上手なお金の使い方」をテーマに学習した。給与、ボーナス、小遣いなどの収入に対して、生活費、積み立て、携帯電話代などの支出を帳簿に記入していく内容。模擬紙幣を用いながら1年間のお金の出入りを体験した。クイズや宝くじに当たると臨時収入が得られるほか、高額のプレゼントを購入すると後々の出費に苦しむなどのゲーム感覚がウケて生徒らは熱心に取り組んでいた。ある男子生徒は無計画な出費がかさんで赤字に転落。それでも毎月の積み立てで清算することができ、「破産せずに済んだ。貯金の大切さがよく分かった」とつぶやいた。

 同信金では、小学6年生を対象にしたプログラムを用意しており、今回はそれを応用したという。業務部の田中克典副部長は「お金を大切に扱う子どもを育成することは、地域金融機関の大きな役割。学校から要請があればどんどん協力していく」と話していた。申込みは【電話】046(821)1709で受付。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク