横須賀版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

右半身のリハビリをしながら左手で「色えんぴつ画」を描き続ける 須藤 新一さん 金谷在住 61歳

「右がダメなら左があるサ!」

 ○…はがき大のキャンバスに、色鉛筆の柔らかな色合いと繊細な描写―。これを描いているのは、利き手ではない左手だ。

 ○…8年前の5月、脳出血で倒れた。手術で一命は取り留めたが、右半身に麻痺が残った。「現実を受け入れるしかないと思った」。しかし「歩けない、しゃべれないのは嫌だから、リハビリをするのは当然のこと」と強い心が芽生えていた。病院の消灯時間を延ばしてもらい、リハビリに専念した。目標は1日1万歩。周囲も驚く意欲の源は、「自分ひとりで歩きたい」―ただその思いだけ。退院後も、自宅のある金谷から北久里浜まで、週1回の通所リハビリへは4Kmの道のりを歩いて往復。その成果もあり、介護1から支援1へ状態も改善。「歩ける環境にあることが何よりも嬉しい」。

 ○…幼い頃から絵が好きだったことが高じて、デザイン会社に就職し、独立。ポスターやチラシのデザインに携わっていた。リハビリ中も自分の中につのる「絵が描きたい」という気持ち。右手はリハビリ、そして「左しかないんだから、やってみよう」。入院中、手に取ったのが色鉛筆だった。いつしか繊細に描けるようになっていた。退院後、毎日通っている池上市民プラザでいつものように絵を描いていたところ、顔見知りに「100枚描いてほしい」と頼まれた。目標と生きがいがもう一つ増えた。これを機に先月、横須賀学院の同窓生らと個展を行う機会も得た。用意した絵は完売。「次も期待に応えたい、もっと上手くなりたい」。新たな目標に向けて、制作に時間を割く日々だ。

 ○…「右がダメなら左があるサ!」―池上の妙蔵寺に依頼された講話で、そう語ったという。「今までとは生きるスピードが違うけど、左手の世界も面白いと思えるようになった」といたってポジティブ。「支えてくれた家族や友人への感謝の気持ちを、自分の生きる姿で伝えたい」。そう語ると、再び色鉛筆を手に取った。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク