横須賀版 掲載号:2011年2月18日号
  • googleplus
  • LINE

観音崎公園の桜の名所化を目指す、鴨居地区連合町内会会長 白岩 貢さん みかん台在住 71歳

満開の春夢見て

 ○…「地元に桜の名所をつくりたい-」。満開の春に向けて、また一歩前進した。県立観音崎公園との共催で今月12日、公園内「花の広場」に桜の苗木を30本植樹した。昨年に引き続いて2回目。これで計60本が植えられた。連合町内会会長として近隣の17町内会・自治会をとりまとめ、関係団体とも協力しながらこの日の植樹祭を迎えた。5年先、10年先を見据えた想いが着実に形になっている。

 ○…苗木の費用は寄附でまかなっているという。雪もぱらつく寒さの中で、この日地域住民ら約130人が集まった。一人ひとりに「ごくろうさん」「ありがとう」と声をかけ、ねぎらう姿が印象的だった。こうした人柄が人々を引き付けているのだろうと感じるが、本人は「よく言われるんですけど、それは無いと思います」と謙遜気味。「地元を大事にしようという想いがあれば、自然とまとまりますよ」と笑顔を見せる。

 ○…自身が暮らすみかん台でも自治会長を務める。わがまちの自慢は「福祉とボランティア」。公園での健康ラジオ体操や、認知症サポーターの養成講座、夜間パトロールなど、手掛けた取り組みを挙げればきりが無い。住民達に常に問いかけていることの一つが、「あなたにできることは何ですか」。一人ひとりが積極的に地域活動に参加しているのもみかん台の特徴だ。会長に就任して10年が経つ。「若い人に譲るのも会長の仕事ですかね」とこぼすが、頼りにされる所は多い。

 ○…今後の夢を尋ねると、「観音崎公園で満開になった桜を(現在中学生の)孫と一緒に見ること」だそう。市内にはソメイヨシノが咲く桜の名所はいくつかあるが、ここには河津桜をはじめとする早咲きの桜を植えた。「三浦海岸の河津桜に負けないように、まだまだ植えていきます」と意気込みを語る。春の訪れは観音崎でお花見。近い将来の光景を思い浮かべながら、これからも地域のために奔走する。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク