横須賀版 掲載号:2011年3月4日号
  • googleplus
  • LINE

不登校・ひきこもり 問題解決、オール横須賀で 市内NPOが「地域協議会」結成求め活動

ひきこもり経験者、不登校の息子を抱える母親が現状を報告。市民の理解と支援の広がりを呼びかけた
ひきこもり経験者、不登校の息子を抱える母親が現状を報告。市民の理解と支援の広がりを呼びかけた

 不登校・ひきこもりの子どもと若者を支援しているNPO法人「アンガージュマン・よこすか」は今月1日、「横須賀市子ども若者支援推進協議会(仮称)」の結成を求める活動をスタートした。市内では不登校600人、ひきこもり5000人という全国一の出現率を抱えており、単一団体だけでは問題に対処しきれないと判断したため。行政、企業、家庭、学校などによる横断型の支援の仕組みづくりを呼びかけている。

 ■  ■  ■  ■

 2010年4月に国が定めた「子ども・若者支援推進法」では、不登校・ひきこもり問題の解決に向けて官民一体で広範な支援活動を展開していくことをうたっている。その一方で運用については自治体任せ。県内で協議会が立ち上がっているのは現状、横浜市のみとなっている。

 同日に行われた記者会見。地域協議会の結成を呼びかけているアンガージュマンの滝田衛理事長は「もはや個人や家庭の育て方の問題ではない。経済情勢、競争の激化など社会的要因が背景にあると」と話し、支援の輪を広げていきたい考えを述べた。相談を行える場所などの情報共有化もめざす。

 また生活保護受給者に不登校・ひきこもりの子ども・若者が多いというデータがあることから、対象世帯になんらかの経済的支援策を講じることも求めていく。街頭活動は市内主要駅で今日4日からおよそ10日間、アンガージュマンのスタッフと支援者らで展開するという。
 

横須賀版のトップニュース最新6件

「みなとオアシス」登録へ

久里浜港

「みなとオアシス」登録へ

3月16日号

「親子で休日」行政主導で

給食メニュー 家庭でどうぞ

横須賀市

給食メニュー 家庭でどうぞ

3月9日号

樹勢衰退 桜開花に影響

衣笠山公園

樹勢衰退 桜開花に影響

3月9日号

来年3月で閉店

よこすかポートマーケット

来年3月で閉店

3月2日号

「朝食大事」子どもに提供

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク