横須賀版 掲載号:2011年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

義援金と節電呼びかけ─市民有志ら 被災者支援の風吹かそう

東北関東大震災から3日たった14日早朝の京急横須賀中央駅前Yデッキ。「被災地支援に役立てば」と募金に協力する人が絶えなかった
東北関東大震災から3日たった14日早朝の京急横須賀中央駅前Yデッキ。「被災地支援に役立てば」と募金に協力する人が絶えなかった

 今月11日に発生した東北関東大震災の被災者に対する支援活動が14日から市内でも本格化した。京急横須賀中央駅前では、市内の青年経済人グループ「横須賀青年八日会」のメンバーなどが通勤・通学客に募金を呼びかける姿があった。

「できることをやるだけ」

 早朝7時のYデッキ。手製の募金箱を抱えながら「東北関東大震災の義援金募金を行っています。ご協力をお願いします」と声を枯らす男性がいた。その隣で女性が─明かりを消して、希望を灯そう─と書かれたチラシを配りながら節電の協力をうったえていた。その数およそ30名。

 「被災地にくらべれば不自由無く生活出来ている僕らに、何かできることはないのか?」。同会メンバーの水沢洋さんが友人らに声を掛けて回り、賛同者を集めた。個人で開設しているブログでも協力を呼びかけるメッセージを掲載、これを見て駆けつけた人もいたという。

 募金に応じた年配の女性は、「テレビで惨状を見て心を痛めた。気持ちだけも被災地に届けたい」と声を詰まらせながら千円札を投げ入れた。通学途中の男子高校生も財布から小銭を取り出して、「少ないけれど協力します。友達にも協力するよう話してみます」と言葉を残して立ち去った。

 今回の活動について「義援金と節電を呼びかける我々の姿を見た人が、次のアクションを起こしてくれれば」と水沢さんはコメント。

 この日集まった募金額は40万1016円。週内は主要駅で同様の活動を行っている。義援金は横須賀市を通じて被災地に届けられるという。

 日本赤十字社横須賀地区では、市役所市民生活課と市内各行政センターに募金箱を設置して義援金の寄付を募っている。現状では人的ボランティアや物資の受付けは行っていない。

週末イベント軒並み中止

 今週末に予定されていたイベントは軒並み中止、または延期の決定が下されている。市体育協会主催の「1万メートルプロムナード・ウォーク」は中止。馬堀中生が企画していた「無人島文化祭」はGWに延期。今月27日の「日米親善よこすかスプリングフェスタ」が中止となった。おとなり三浦市でも人気音楽イベント「ロックの学園」が中止に。チケットは払い戻しが行われる。
 

横須賀版のトップニュース最新6件

「みなとオアシス」登録へ

久里浜港

「みなとオアシス」登録へ

3月16日号

「親子で休日」行政主導で

給食メニュー 家庭でどうぞ

横須賀市

給食メニュー 家庭でどうぞ

3月9日号

樹勢衰退 桜開花に影響

衣笠山公園

樹勢衰退 桜開花に影響

3月9日号

来年3月で閉店

よこすかポートマーケット

来年3月で閉店

3月2日号

「朝食大事」子どもに提供

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク