横須賀版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

トンボ池の整備に取り組む「くりはまトンボクラブ」の代表 増田 正義さん 若宮台在住 71歳

言葉より実践主義

 ○…指を差し出すと止まってきそうなほど、十数匹のトンボが元気に飛び交っている。鳥も水浴びに降り立つ。ここは、くりはま花の国の入口そばにある「(仮称)トンボ池」。草が生い茂っていたかつての雨水調整池を去年整備。花の国の湧き水をポンプ給水するなどで、水生動物が生息できる池として復活させた。周囲50mのこの池に、多くの昆虫や植物を見ることができる。キャッチフレーズは「久里浜の小さな自然を見つけ、育て、守る」ことだ。

 ○…原風景は幼少時代。ビルや団地も無かった久里浜は「ガランとしたところでした」と振り返る。だが、自然環境は豊かだった。富士山がくっきり見えるくらい空気が澄み、秋には数え切れないほどの赤とんぼが飛び回っていたという。しだいに開発が進むと、そうした風景も無くなっていった。「今の子どもたちにもトンボを見せてあげたい」。池の整備を始めたのは、その純粋な思いからだ。数カ月でオニヤンマやシオカラトンボなどが飛来。「ビックリしたのと同時に、嬉しかったです」と目を輝かせる。

 ○…目を向けるは地元だけではない。横須賀災害ボランティアネットワーク会員という顔をもち、先月はボランティアバスで岩手県の被災地にも赴いた。現地では、津波の被害を受けた住宅のガレキ撤去などにあたった。印象に残ったのが、現地の人々の誠実さだという。「言葉よりも実践主義」をモットーに、今後も足を運び被災者に寄り添う。

 ○…差し出す名刺には「マスGと、呼んでください」と記している。茶目っ気あるマスGのもうひとつの顔がカメラマン。現役時代は電気メーカーに勤務する傍ら、趣味で約50年間続けてきた。今も市内のイベントなどを訪れてはカメラを構える。動きが早いトンボの撮影もお手の物。次なる目標はこの池にホタルを生息させることだそう。愛用の250CCバイクにカメラを積み、今日もマスGは現場に出かける。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク