横須賀版 掲載号:2011年12月9日号
  • googleplus
  • LINE

今月23・24日、リーグ横断による硬式少年野球大会「第1回横須賀ドリームカップ」を手掛ける 山本賢寿(けんじゅ)さん 大矢部出身 30歳

やっぱり野球が好きなんだ

 ○…野球を愛する中学生がリーグや組織の垣根を越えて腕を競い合う初の試みにチャレンジする。「横須賀の地で開催するなら米基地内のチームも仲間に加えて-」。ぶち上げた夢は今回叶わなかったが、関東近隣の12チームが呼びかけに応えてくれた。サッカー人気に押され気味な野球の復権は狙いの一つだが、遠大な目標も胸に秘める。市域全体をレベルアップさせることで「横須賀から甲子園出場校を」。その下地づくりを買って出る。

 ○…横須賀の野球人にとって甲子園出場は悲願だ。有力選手は環境を求めて県内外の強豪校へ-今やこの流れが常態化。横須賀は輩出地と化している。「潮目を変えるには『野球力』を高めることができる環境の整備にほかならない」とキッパリ。自分なりのプランも用意している。「教えるのは元プロ野球選手」を触れ込みとする教室。一線での活躍をめざす野球少年のための個人塾を横須賀で来春にも開講する。「甲子園の目標は10年以内」。ハードルは高いが地域のチーム、父兄との連携で「実現できる」と強気の構えだ。

 ○…自身も元プロ野球選手。市立工業高校(現横須賀総合)-帝京大を経て巨人軍に投手として入団するも1年目に肩を故障。1軍登板を果たせないまま戦力外通告を受けた。失意の底で失いかけた野球への情熱。「地元で応援してくれた人たちに顔向けできない」。元プロ選手の肩書きを「消せるものなら」と苦悩を抱えながら会社員生活を送る日々が続いた。

 ○…先の野球教室からコーチ就任の打診を受けたのが今年。練習で少年らと触れ合いを重ねる中で自分の役割と存在価値が見えてきた。「誰もがプロになれるわけではないが、それをめざす過程を経験することはその後の人生の糧となる」。高校時代から欠かさずに記してきた練習日誌がいまや生徒のための指南書。「伝えることはいくらでもある。野球のことなら」
 

横須賀版の人物風土記最新6件

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「生物調査隊」になろう

「生物調査隊」になろう

観音崎自然博物館で講座

3月25日~3月25日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク