横須賀版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

かながわ駅伝で横須賀市 過去最高タイの2位

スポーツ

2位でゴールテープを切る木浪さん(横須賀市教育委員会スポーツ課提供)
2位でゴールテープを切る木浪さん(横須賀市教育委員会スポーツ課提供)

 県内各地区の代表選手がタスキをつないだ第66回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会が今月12日に行われ、横須賀市が2004年(第58回大会)以来、過去最高タイの2位でゴールした。昨年は途中棄権という苦い結果だったが、今回その雪辱を果たした。

 秦野市中央運動公園をスタート、県立相模湖公園をゴール地点に、全30チームが7区間(51・5キロ)を競った。序盤、中学男子の1区で佐久間勇起さん(大津中)が7位でタスキをつなぎリズムをつくると、3区では神明中出身の小泉雄輝さん(藤沢翔陵高)が飛び出し、5人抜きの走りで3位に浮上。5区で樗澤竜平さん(松蔭大)が区間2位の快走で順位を2位に上げた。最終7区でも木浪浩さん(武山自衛隊RC)が順位を守りきり、フィニッシュした。トップは横浜市で3連覇。指揮官を務めた荒井俊監督(久里浜中教員)は「選手一人ひとりが怪我や風邪も無く、ベストの状態で走れたことが結果につながりました」と振り返った。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

「チーム横須賀」悲願の初V

かながわ駅伝

「チーム横須賀」悲願の初V

2月16日号

「ルーツは譲れない」

どぶ板通り商店街

「ルーツは譲れない」

2月16日号

「日本と外国の架け橋に」

「氷の日本犬」凛々しく

奇跡の船と少年の物語

かながわ信金

奇跡の船と少年の物語

2月16日号

雫さん米国に到着

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク