横須賀版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

放射能考えるシンポ 菅谷昭氏(松本市長)招き 講演も

社会

 被曝の影響を受けやすい子どもたちを守るにはどうすればいいのか-。

 福島第一原発の事故以来、横須賀でも放射能に関する不安が広がっている。市民団体「いらない!原子力空母」「No!No!放射能」が主体となり、3月18日(日)に「子どもたちを放射能から守りたい!よこすかシンポジウム」が催される。

 当日は、甲状腺疾患の専門医としてチェルノブイリ原発事故被災地で治療を行った、菅谷(すげ のや)昭氏(現・松本市長)が講演。続いて、横須賀市の市民安全部危機管理課・子ども育成部保育課と横須賀共済病院の担当者による、取り組み報告とディスカッションも行われる。

 会場は県立保健福祉大学講堂、時間は午後1時から4時。事前申込制で、参加費は500円(資料代、学生無料)。問い合わせは【携帯電話】090・1051・1812(岸さん)、同実行委員会ホームページhttp://yokosuka-blog.seesaa.net/にある申込フォームで受付(「子どもたちを放射能から守りたい@ヨコスカ」で検索)。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク