横須賀版 掲載号:2013年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

ドルを持ってどぶ板へ 集客策で市内初の試み

企画のメイン舞台となるどぶ板通り商店街
企画のメイン舞台となるどぶ板通り商店街

 市内への集客促進の一環として、横須賀市と横須賀集客促進実行委員会(市・商工会議所・京急電鉄)では7月1日から8月末まで、USドル紙幣で飲食や買い物の支払いができる「夏の横須賀ドル旅まつり」を開催する。アメリカンテイストな街並みが特徴のどぶ板通り(本町)の店舗や、市内観光施設などで使用できるという初の試みだ。

 米ドル紙幣を使用できる店舗は、米海軍横須賀基地周辺の飲食店や物販店などで、どぶ板通りが中心となる。市によると、今月4日までの申し込み件数は40に上り、週明けには具体的な店舗名や観光施設などの詳細が発表される見込みだ。

 この企画のメインターゲットは、同紙幣を家庭で眠らせたままにしている市外在住者。旅行専門誌を発行する(株)トラベルジャーナルが昨年公表した「海外旅行に関する調査」では、旅行などで使いきれずに余った外貨は、全国で約1兆3000億円に上ると推計されている。

 そこで、米軍基地があり国際色豊かな横須賀の都市イメージに、米ドルを使えるという話題性を加えることで市内への集客を狙う。市では今回、観光客数の目標などは設定していないというが、実施後は参加店にヒアリングをしながら来年度以降につなげたい考えだ。 一方、本町商店会では今年度独自に、アメリカらしさを感じさせるにぎわいイベント事業に乗り出している。基地関係者を招いた英会話教室や、グルメ開発も手がけていく。越川昌光会長は「ドル旅まつりをひとつのきっかけに、アメリカンなまちをアピールしたい」と意気込んでいる。
 

暑中お見舞い申し上げます

時代に適応、求められる奉仕活動

1951年創設、67年の歴史と伝統を有する奉仕団体です。

http://yokosuka-rc.jp/

(有)飯塚慎治郎商店

確かな技術で皆様の暮らしの安全、安心と快適をサポート

http://www.iizukashinjiroshoten.co.jp

地域密着の外壁塗装会社

三浦半島で唯一の塗料メーカー認定の施工店

http://www.su-place.co.jp/

海と森と歴史が融合した農園

東京湾を眺めながら夏はブルーベリー、冬はレモンの摘み取りが楽しめます。

http://mutsumi-group.com/farmaseagardenuraga/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク