横須賀版 掲載号:2013年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

12月1日まで、上町で横須賀の風景を描いた版画作品展を開く 青木 理恵さん 本町在住 36歳

版画で描く街の肖像

 ○…バラが咲き乱れるヴェルニー公園、どぶ板通りを闊歩する米海兵、看板建築が美しい上町の商店。そのどれもが横須賀を象徴する存在なのだが、多くの人がありふれた景色として見過ごしていることを残念がる。日常に隠れた唯一無二の横須賀の姿を絵にしたため、版画を制作。個展で披露する。「いつもと少し違った視点で街の素晴らしさを再確認してもらえたら」

 ○…下絵・彫り・摺り、全ての版画技術は独学で習得した。「小学校の図工の授業がベースで、自己流なんです」と笑うが、独特のタッチで描かれた作品は見る者を不思議と惹きつける。ポップな色使いと可愛らしいイラストで、素朴さや温かみを感じさせ、一般的な木版画の印象を覆す。本業は、企業のイメージキャラクター制作や本の挿し絵などを手掛けるプロのイラストレーター。寝ても覚めても考えるのは絵のことばかり。「絵がない生活はもう考えられません」

 ○…昨年5月、結婚を機に横浜市金沢区から横須賀へ移り住んだ。隣り合う街にも関わらず、新天地は未知の世界。正直な印象を尋ねると、「ちょっと怖そうな街」だった。そんな自分が1年半後、まさか横須賀をテーマにした版画の個展を開くとは思ってもみなかった。街を知り、人を知ると見えてきた本当の横須賀の姿。当初のイメージは180度変わり、今では「異文化が集まる面白い街」と愛着は深まるばかり。日本と海外、今と昔が混在するこの街は、アーティスト魂を大いに掻き立ててくれる。

 ○…人々の息遣いが聞こえるような生活感のある空間を求めて、路地裏や商店街を好んで巡る。カメラを片手に昔の面影を探しながらの街歩きは、欠かすことのできないライフワークになっている。「この間、古い倉庫を発見したんです。『これだ』と思うものを見つけると作品にしたくてウズウズします」と目を輝かせる。早くも次回作に意欲は燃えている。
 

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6件

小松 惠美子さん

障害者交流グループ「モモの会」の代表を30年間務めてきた

小松 惠美子さん

3月23日号

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

動画投稿の「YouTuber」の先駆者として広く知られる

MEGWIN(メグウィン)さん(関根 剣)

2月23日号

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

1千円メニューで大満足

1千円メニューで大満足

北久里浜で「せんべろ」企画

4月7日~4月14日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク