横須賀版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

日本医師会が制定する「第2回赤ひげ大賞」に選ばれた 野村 良彦さん 野村内科クリニック院長 67歳

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena

心に応える地域医療を

 ○…地域に寄り添った医療を行う、現代の”赤ひげ先生”に選ばれた感想は「開業からの19年間を評価していただいて嬉しい」。最寄り駅まで3Kmという交通が不便な林地区で、かかりつけ外来と在宅医療、そして地域医療の担い手として奔走する。

 ○…京都で生まれ、大学の医学部卒業後、初めて赴任したのが市民病院だった。「えらくのどかな場所」というのが横須賀の印象。地域の中核病院として、体制を整えつつあったこの病院で、勤務医として最後まで勤め上げるつもりだった。しかし、「患者が病院に通院できなくなった時、病院医師として自分は何ができるのか」-次第に公務員としての限界も感じるようになっていた。「地域に根差した医療を」と平成7年、林地区に開業。以来、外来の傍ら在宅医療に力を注ぐ。在宅と言っても終末期の緩和医療、がん治療など様々。生活の場での医療は、まさにテーラーメードだ。在宅を含めた地域医療体制を整えるべく、行政や医師会、介護の現場との連携強化にも尽力する。「お互いの垣根を低くして、患者に寄り添う環境を整えたい」

 ○…取材の中で何度も出て来た「寄り添う」という言葉。必ず握手を求めてくるおばあちゃんや、診察よりも世間話が多い患者さん、「最期まで診てね」と冗談のように念押しする人。「接する、触れること。そして笑顔。みんな、そんなコミュニケーションを求めているんです」。ゆっくり言葉を選びながら、応じている。医療は寿命を延ばすだけのものではない。「本人の希望する形、望む生活を優先すべき。そこで医療ができることを」というのが医者としての持論だ。

 ○…休みなく働く中での息抜きはマラソン。フルマラソンを20回以上完走する健脚で、サッカーにも興じる。シニアサッカークラブの会長を務め、60歳以上の県リーグで優勝を収めたばかり。目指すは全国大会出場。仕事も趣味も全力だ。

横須賀版の人物風土記最新6

芹田 枝里さん

家庭での学びについてオンラインを通じて保護者と交流する

芹田 枝里さん

鶴が丘出身 37歳

6月18日号

中矢 邦子さん

8代目ベジフルDJとしてFMヨコハマの番組「JA Fresh Market」に出演している

中矢 邦子さん

安浦町在住 

6月11日号

小野 悠斗さん

サッカー、タイ・リーグ1部のサムットプラーカーン・シティFCでプレーする

小野 悠斗さん

平作出身 29歳

6月4日号

川名 雄生さん

来月27日に大阪で行われる総合格闘技イベント「RIZIN」に参戦する

川名 雄生さん

小矢部出身 30歳

5月28日号

大野 忠之さん

第84代横須賀市議会議長に就任した

大野 忠之さん

大矢部在住 61歳

5月21日号

規矩 大義(ひろよし)さん

新理事長として学校法人関東学院を率いる

規矩 大義(ひろよし)さん

吉井町在住 57歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter