横須賀版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

交流サイト活用 横須賀出身者とつながり 来訪促進、将来のUターン

社会

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 全国に散らばる横須賀出身者を主なターゲットに、市内の情報を交流サイト(SNS)で発信する取り組みが官民で始まっている。ソーシャルメディアの普及を背景に、横須賀を知る人たちと接点を持ち続けることを狙う。来訪のきっかけの提供だけでなく、将来的なUターンにもつなげたい意向だ。

 市は今年度の新規事業として、全国で2100万人の利用者がいるとされるフェイスブックにポータルサイト「横須賀倶楽部」を開設した。ヨコスカファンの交流の場をめざしており、実名登録した参加者が地元の祭礼やイベントに参加した様子などを紹介している。

 市は秋までに2000人の会員登録をめざしていたが、9月1日時点で330人と低調気味。理由のひとつに承認制(非公開グループ)を導入していることが挙げられており、吉田市長は運用の改善を検討することを9月議会で発言した。

 地元のNPO法人「横須賀創造空間」もフェイスブック上に「MODOSUKA」(モドスカ)を立ち上げている。「横須賀に戻ってくる」の造語をタイトルに、横須賀・三浦半島の魅力をすでに知っている人に向けて記事の投稿を行っている。学校の通学路や商店街の風景、なじみのパン屋やラーメン店の人気メニューなど、懐かしの記憶を刺激しながら来訪を促していく。

 サイトの管理人である川口泰弘さんは「人口流出が全国最大なら横須賀のOB・OGもそれだけいるはず。新規の観光客を呼び込むよりも、確度の高い集客方法」と自信をのぞかせる。現時点の会員数は400人だが、賛同した人の数が4000人を超えた記事もあり、「サイト運営に掛かる費用もなく、ファンづくりの仕掛けとして可能性を感じている」と話した。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク