横須賀版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

横須賀商工会議所 人口減に立ち向かう 経済界の目線で具体策

経済

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 全国の都市部で人口減少が最も顕著な街・横須賀―。この現状を打破するべく、横須賀商工会議所(平松廣司会頭)は、新組織「新生・横須賀実践フォーラム」を立ち上げた。今月17日にキックオフ会見を行い、具体的な活動ビジョンを発表。「市民として誇りを持てる街」を目指し、埋もれている街の魅力を発掘。検証・再構築しながら、諸問題に立ち向かう。

 人口減少は表面的、一時的な取り組みで解決できるような問題ではないとして、大型の企業誘致が難しい状況の中で、人口流出(社会減)を食い止めることを最優先にするという方針。「自慢できる(観光・まちづくり)」「夢が持てる(教育環境・キャリア教育)」「働きがいがある(ものづくり・企業支援)」横須賀―の3分野で、具体策を打ち出していく。

「走りながら考える」

 同フォーラムのキーワードは「実践」。日本商工会議所観光委員会共同委員長の須田寛氏や元地域再生担当内閣審議官の御園信一郎氏ら専門家をアドバイザーに招き、三浦市役所で行政改革にも携わった木村乃氏(ビズデザイン(株)代表取締役)が総合コーディネーターを務める。フォーラムでは、団塊世代・若手経営者・女性・学生・外国人・飲食関係などの市民MG(ミーティンググループ)を設け、実行委員会が意見集約し、事業化につなげていく。

 既に進んでいる事業もある。「地域と企業の”交流の輪”事業」だ。企業と地域を結びつけるプロジェクトとして、これまで企業内で実施していたミーティングや社員コミュニケーションを、地元商店街の飲食店などで行うというもの。飲食店にとっては販路の拡大が期待され、企業側にはサービスの提供などのメリットもある。

 他にも、特産品開発やよこすか海軍カレーのシリーズ展開、横須賀に縁のある著名人によるワークショップやスポーツ交流イベント、起業支援、企業間の交流など、いくつかのアイデアが浮上している。

 横須賀市も人口減に対して施策を打ち出しているが、「経済界ならではの視点で、自由な発想と機動力を生かしてほしい」と平松会頭。「実践につながらない議論に時間を費やすことはしません。子どもたちの未来に希望を感じることができるような環境を整えたい」と話している。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク