横須賀版 掲載号:2015年2月6日号 エリアトップへ

市自然人文博物館の学芸員で、横須賀製鉄所の建築技術に関する研究調査を行う 菊地 勝広さん 追浜東町在住 42歳

掲載号:2015年2月6日号

  • LINE
  • hatena

近代建築の源流求めて

 ○…1865年にフランスの技術支援によって横須賀製鉄所が創設されて、今年は150周年。「近代建築の源流は横須賀にあると言っても過言ではない」と語るように、レンガ製造、水道や灯台建設など海を渡ってきた最先端技術は、横須賀から全国各地へ波及。日本の近代化を支えた背景や実態を研究調査している。「どんなに素晴らしい価値があったとしても、誰かが事実を明らかにしなければ歴史がないのと同じ」

 ○…中学3年で建築士を志し高専へ進学、大学で設計や環境工学を専攻した。夢への歩みを進める最中、阪神淡路大震災が発生。全半壊家屋だけで約27万棟が被害を受けた。自然災害に脅かされる日本の建造物。建てる憧れから構造や機能性のあり方を重要視するようになり、研究職へ転身を決めた。出身は宮城県岩沼市。奇しくも3・11で実家は被災。問題意識はことさら強く持っている。

 ○…専門分野は横須賀製鉄所などの構造技術に関する研究。「変化する建築の本質を知るには過去を紐解く必要がある」と語気を強める。例えば横須賀製鉄所の近代的建築技術の解明には、建設を指導した技師ヴェルニーの母国・フランスの技術との対比が必要だった。海軍工廠があったブレスト市へ渡り、技師の子孫との面会や文献資料を分析。結果、両者のレンガ寸法が酷似し、フランスがルーツだったこと突き止めた。昨年には富岡製糸場で横須賀造船所の刻印が入ったレンガが出土。近代化の礎の地にも横須賀のDNAが流れていたことが分かった。

 ○…今月8日に行われる「都市景観フォーラム」にパネリストとして参加。研究課程で見えた街の魅力を説く。「近代遺産数は近隣市町村の中で屈指。普段から歴史的価値のある建物に接しており、もっと楽しんでもらいたい」。1世紀以上も前、最先端建築技術の集積地だった横須賀ならではの景色を毎日楽しめるのは市民の特権なのだから。

横須賀版の人物風土記最新6

福島 肇さん(通称:たろうちゃん)

切り絵作家として活動する

福島 肇さん(通称:たろうちゃん)

小原台在住 62歳

10月15日号

川口 香世さん

よこすかおはなし会ボランティア代表、市内図書館などで活動する

川口 香世さん

湘南鷹取在住 

10月8日号

YUHKIさん

メタルバンド「GALNERYUS(ガルネリウス)」でキーボードを担当、作曲家としても活動する

YUHKIさん

市内在住 51歳

10月1日号

石塚 千津子さん

ボランティア団体「ゆいの広場」代表で認知症カフェ「 ら・らら」を運営する

石塚 千津子さん

グリーンハイツ在住 72歳

9月17日号

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

林在住

9月10日号

岡田 成煥(せいかん)さん

株式会社富士防の代表取締役で「富士防職業訓練校」を開校した

岡田 成煥(せいかん)さん

森崎在住 55歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook