横須賀版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

緑ヶ丘女子中学校 独自方式で昼食提供 地場産物を積極活用

教育

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
「配膳や食事のマナーも学んで」と理事長
「配膳や食事のマナーも学んで」と理事長

 市内緑が丘の緑ヶ丘女子中学校(外川昌宏校長)では今週月曜日から、校内にランチルームを開設、昼食の提供を始めている。同校では「食育」を女子教育のテーマに掲げ、学校給食推進委員会を設置。地元の生産者や、学校給食現場の視察などを重ねて議論を行っていた。当面は、中学校の生徒21人と教職員を対象に選択式としている。

 正午を過ぎ、中学校の校内に漂うごはんの香り。『ロールキャベツ・ふろふき大根・ひじき煮・サラダバイキングにけんちん汁・白飯』――25日のメニューだ。新設されたランチルーム「マリアテラス」では、学年ごとにテーブルを囲む。1週間前に注文する方式で1食500円。従来通り、お弁当の持参も可能だ。「温かいご飯と汁物が基本。バランスの良い食事と、昼食時間の会話も楽しんでほしい」と、事業を進めてきた同校の大田順子理事長は話す。食材の調理は専門の加工所で行い、真空状態にしたものを、ランチルームのスチームコンベクションオーブンで加熱。栄養価や味を損なうことなく、作りたてを再現することができるという。

食育で命を育む

 「昼食を通して、”食”への関心を高めたい」と大田理事長。子どもの心身の発達や栄養学など、それぞれ専門家がいる中で、これらを「食育」として総合的に指導できる人材を育てたい―という想いもあった。女子教育の柱として食育を掲げ、「集中力や学力・体力の基礎となることを学ぶ機会になれば」と話す。

 同推進委員会では、学校給食の先進地や地元の生産者を訪ね歩き、地産地消にも着目。「三浦半島は生産地として魅力が詰まっている」と再発見にもなったという。ランチルームでの1日の提供食数は49食。主菜・副菜には地場産の食材を積極的に使用、「少人数教育だからこそできる食を通じた活動で、地域貢献できれば」と期待も高まる。

市内公立校の現状

 中学生の成長期における「昼食」に近年、議論が巻き起こっている。全国の公立中学校80%以上が実施している給食。横須賀市を含めて、神奈川県内の中学校での実施率の低さが浮かび上がっている。横須賀市では、従来のパン・弁当注文を拡充する方向を示し、昨年度は3回の試行事業を行った。注文率の低さや価格など課題も多く、今年度も「検討を継続する」という状況だ。

 一方で昨年、市民団体が行ったアンケートでは「完全給食」を求める声が8割を超えるなど、ニーズの高さが浮き彫りとなっている。先の市議選でも「公立中学校の完全給食導入」を掲げて当選した議員も多く、さらに議論が活発化しそうだ。

横須賀版のトップニュース最新6

市内唯一、全国30選に

衣笠商店街連合会

市内唯一、全国30選に 経済

アニメ活用の観光施策評価

1月21日号

五感を刺激する芸術祭

センスアイランド

五感を刺激する芸術祭 文化

夜の無人島・猿島を舞台に

1月21日号

無人運航「見通し良好」

猿島航路実証実験

無人運航「見通し良好」 経済

小型観光船で世界初の成功

1月14日号

「子どもの権利」社会で守る

横須賀市議会

「子どもの権利」社会で守る 社会

条例制定にパブコメ募集

1月14日号

アニメで横須賀を売り込め

市役所地下で飲食店「お試し」

市役所地下で飲食店「お試し」 経済

短期出店のトライアルキッチン

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook