横須賀版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

先月末に行われた全日本ジュニアパワーリフティング選手権66キロ級で優勝した 鈴木 豪さん 久比里在住 20歳

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

恩返しは世界の表彰台

 ○…「世界への扉を開く」。その一心で臨んだ今大会。優勝候補筆頭のライバルが目の前で、ジュニア日本記録を出したが、動揺しなかった。「できることをやるだけ」と自らに言い聞かせ、その記録を更に塗り替える262・5キロを成功。日本記録連発の激戦を制し、9月にチェコで行われる世界大会の切符を手にした。

 ○…競技を始めてからまだ2年弱。大学入学後は何をするでもなく、授業に出て、バイトでお金を貯める普通の大学生だった。そんな人生を一変させたのがパワーリフティング。「少し痩せたかった」という軽い気持ちで、1年生の夏から通学途中にあるジムに週3回ほど通い始めた。しばらくは体を動かす程度だったが、その頃行われた世界大会をネット中継で見て、意識が変わった。「あんな風になりたい」。いつしかジム通いは週5回になり、通学のついでではなくなっていた。

 ○…記録も伸びていき、順調な成長ぶりを見せていた昨秋、腰に違和感を覚えた。そのまま練習を続けていると、日常生活にも支障をきたす大きな痛みとなった。「腰椎分離症」―。原因は練習過多だった。しばらく競技から離れることになり、焦りもあったが「勢いだけの自分を見つめ直せた」と今では前向きに捉えている。それまで力任せにバーベルを上げていたが、技術やフォーム、体のケアの重要性に気付き、研究を重ねた。その改善が今回の優勝につながったと感じている。

 ○…「余暇はほとんどない」と話す。全て自費の遠征費を捻出するためステーキ屋でのアルバイトは欠かせない。勉強も疎かにできないため、自宅でストレッチをしながらその日の復習。そんな多忙な日々を支えてくれているのが練習の補助をしてくれるジムの会員やトレーナー、そして何より金銭面の援助や栄養価の高い料理を作ってくれる家族。世界の表彰台に立つことでお世話になった人たちへ最高の恩返しをする。

横須賀版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

市内在住 27歳

6月24日号

飯田 浩司さん

ニッポン放送アナウンサーとして活躍する

飯田 浩司さん

大矢部出身 40歳

6月17日号

石川 貢さん

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める

石川 貢さん

粟田在住 40歳

6月10日号

藤原 乃愛(のあ)さん

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった

藤原 乃愛(のあ)さん

大矢部在住 17歳

6月3日号

江口 寛至(かんじ)さん

「カレーの街よこすか」公式テーマソングを作曲した

江口 寛至(かんじ)さん

若松町出身 22歳

5月27日号

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook