横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

映画「望郷の鐘」 肉親さがしに捧げた生涯 中国残留孤児の父

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 「中国残留孤児の父」と慕われた山本慈昭の生涯をつづった映画「望郷の鐘〜満蒙開拓団の落日〜」の上映会が8月15日(土)、汐入駅前のヨコスカ・ベイサイド・ポケットで行われる。主催は横須賀日中友好協会。

 長野県下伊那郡会地村生まれの山本は住職であり、国民学校で教師をしていたが、敗戦間際に満州へ。そのままシベリアに連行され、極寒の地で強制労働を強いられた。1年半後、奇跡的に本土生還を果たすが、仲間たちの辿った過酷な運命を知り、残留孤児たちの肉親さがしに自分自身を捧げるようになる。その一連の人生を映画化。監督は山田火砂子。山本役を俳優の内藤剛志氏が務めている。

 上映時間は午前10時10分と午後2時10分からの2回。鑑賞券は1000円。問合せは同会【電話】046・844・6850

横須賀版のローカルニュース最新6

「今がまさに勝負の時」

若手お笑いコンビ リンダカラー

「今がまさに勝負の時」 文化

久里浜中出身の同級生

7月19日号

恐竜出現!?

恐竜出現!? 文化

7月19日号

「また横須賀に来て」

「また横須賀に来て」 教育

鴨居小に4カ国から体験入学

7月19日号

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今 社会

ベイサイド・ポケットで朗読劇

7月19日号

留学の夢 叶えよう

留学の夢 叶えよう 教育

国際ロータリーが交換学生募集

7月19日号

口 腔 が ん をセルフチェック

「学びが可能性や選択肢を広げる」

夢を叶える。そのために必要なこと

「学びが可能性や選択肢を広げる」 社会

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク