横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

映画「望郷の鐘」 肉親さがしに捧げた生涯 中国残留孤児の父

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 「中国残留孤児の父」と慕われた山本慈昭の生涯をつづった映画「望郷の鐘〜満蒙開拓団の落日〜」の上映会が8月15日(土)、汐入駅前のヨコスカ・ベイサイド・ポケットで行われる。主催は横須賀日中友好協会。

 長野県下伊那郡会地村生まれの山本は住職であり、国民学校で教師をしていたが、敗戦間際に満州へ。そのままシベリアに連行され、極寒の地で強制労働を強いられた。1年半後、奇跡的に本土生還を果たすが、仲間たちの辿った過酷な運命を知り、残留孤児たちの肉親さがしに自分自身を捧げるようになる。その一連の人生を映画化。監督は山田火砂子。山本役を俳優の内藤剛志氏が務めている。

 上映時間は午前10時10分と午後2時10分からの2回。鑑賞券は1000円。問合せは同会【電話】046・844・6850

横須賀版のローカルニュース最新6

ノジマに”エコ”ピラミッド

ノジマに”エコ”ピラミッド 教育

横校生制作の啓発作品

11月27日号

「飲まない」市場を攻略せよ

「飲まない」市場を攻略せよ 経済

“ゲコノミクス”提唱者が語る飲食業の販路開拓

11月27日号

商店街の魅力を再発見

浦郷小6年生

商店街の魅力を再発見 教育

歳末イベント「お手伝い」

11月27日号

JAで防犯訓練

「コロナ対策」市に17の提言

横須賀市議会

「コロナ対策」市に17の提言 政治

11月27日号

湘南信金が防災備蓄食を寄贈

湘南信金が防災備蓄食を寄贈 社会

食支援のNPOに1万8千食

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク