横須賀版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

”復活の神輿”町内渡御へ

文化

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 昨年、26年ぶりに復活した神明社(深田台)の宮神輿が、今月26日(日)の祭礼で、氏子会の協力を得て上町深田・台深田・深田大門の3町内を練り歩く。

 地域の高齢化などで担ぎ手が減り、昭和63年のお祭りを最後に、神社内で眠っていた同神輿。昨年、地元の有志らが会を立ち上げ、「自分の生まれ育った町の宮神輿を担ぎたい」と復活に奔走していた。メンバーの竹内恒明さん(上町在住)は「祭礼は人との繋がりを再認識できる伝統行事」と話し、「神明社氏子青年会」として町内の調整を行ってきた。「準備期間を経て、今年はいよいよ町内へのお披露目。担ぎ手は地元の人に限られるが、威勢のいい”担ぎ”を見てほしい」と意気込みをみせる。

 当日は朝8時半出発。小雨決行。

横須賀版のローカルニュース最新6

横須賀最大級の朝市

横須賀最大級の朝市 経済

今月8日、久里浜ふ頭で

12月6日号

核兵器めぐる世界の潮流

核兵器めぐる世界の潮流 社会

ノーベル賞 川崎哲氏講演

12月6日号

戦中から国際感覚

戦中から国際感覚 社会

井上海軍大将の教え 肉声で

12月6日号

落語音読で認知症予防

中島内科クリニック

落語音読で認知症予防 社会

当事者家族ら集う「カフェ」で

12月6日号

ヘルシーおやつの決定版

ヘルシーおやつの決定版 経済

コンニャクスイーツ新登場

12月6日号

”片足のサッカー”広めたい

”片足のサッカー”広めたい スポーツ

競技者が大楠高校で授業

12月6日号

身近な秘境と歴史のコラボ

身近な秘境と歴史のコラボ 文化

鎌倉・三浦半島のガイド本

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク