横須賀版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

「幕末を旅する村人 −浜浅葉日記による」を上梓した民俗学研究者 辻井 善彌(ぜんや)さん 芦名在住 84歳

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

日記の中に本音の歴史

 ○…市井の民俗学研究者として、三浦半島の庶民の暮らしぶりを調べ尽くしてきた。誰の目にも懐かしい農漁村の風景を写真とともに紹介する書籍をこれまで多数執筆。シリーズ4作目となる近著は、本人いわく「最後のもの」。江戸後期から明治中期まで、3代にわたって書き継がれた浅葉家の農民日記をよりどころに"旅"に主眼を置いてまとめあげた。

 ○…黒船・ペリー来航から近代化の先駆けとなった横須賀製鉄所の歴史は、数多の資料とともに後世に語り継がれている。翻って当時の(西地区の)庶民の生活はどうだったのか−。文献として残されているのは、全6集から成る「浜浅葉日記」のみ。太田和の一村民であった浅葉仁三郎の備忘録から、それをうかがい知ることができる。平成3年に行われたこれの翻刻作業。中心となった故鈴木亀二氏を手伝いながら、興味を深めていった。一般に江戸時代の農民の生活は窮屈で抑え込まれている印象だ。移動も制限されていたはずだが、多くの民が年中行事として旅行に出かけていたことが記されていた。「建前ではない本音の歴史が読み取れる。日記の面白さはこれに尽きる」

 ○…民俗学の門を叩いた30代の頃。中学・高校の教員を務めながら、研究にのめり込んだ。最初のテーマは「漁労文化」。全国津々浦々の漁村を訪ね歩き、土地ごとで異なる漁具や漁の手法を一冊の本にして発表、高い評価を得た。

 ○…浜浅葉日記は、後世に伝えることを意図したものではなく、気ままな書き口。最初の文はわずか1行。 元旦に書初めをしたことが記されているだけで、万事この調子だ。幕末の「食」「生活様式」「不安と恐怖」をテーマにした前3作を含め、「断片的な情報をつなぎ合せて自分なりの歴史解釈を発表している」。今の生活の原点は江戸時代にある、というのが持論。変化を含めそれを伝える一助になればと願っている。
 

横須賀版の人物風土記最新6

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク