横須賀版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

ニューヨークで6日に開かれるダブルダッチの世界大会に日本代表として出場する 松永 拓実さん 武在住 22歳

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena

最高の仲間と集大成の演技

 ○…2本のロープを巧みに操りながらアクロバティックなパフォーマンスや目にも止まらないステップを交えて跳ぶ「ダブルダッチ」競技。大学生5人の仲間で編成するチームが先の全国大会で準優勝に輝き、世界大会出場の権利を掴んだ。今度の舞台はニューヨーク・ハーレムにあるアポロシアター。4年間追い求めてきた夢の実現を前に「ドキドキとワクワクが止まらない」

 ○…チーム名は「B-JACK」。びっくり箱を表わすJack in the boxをもじったもので「何が飛び出すかわからない」を体現する。ロープという制限の中で表現するダンス。連続ステップの速さは、それがあるからこそ際立つ。向かい合うパートナーの手を壁にしてトンボを切る大技は、観る人をおどろかせる一番の見せ場だ。練習はほぼ毎日。「ペンを持つ時間よりもロープを握る時間のほうが長いかも」とおどけて見せる。

 ○…「ダブルダッチをとことん極めたい」。この思いだけで大学進学を決めた。高校3年生の時に偶然目にした日体大生の演技。「ただただ格好いい」。もやもやした気持ちがすべてクリアになるほどの衝撃を受けた。剣道、バスケとそれまでに経験してきたスポーツはどれも中途半端。本気で熱中できるものを探していた矢先の出来事だった。素直な思いを打ち明けると、両親も背中を押してくれた。

 ○…高校時代の”不完全燃焼感”が今の活動の原動力。4年間のすべてをダブルダッチに捧げてきた自負がある。昨年は僅差で世界大会出場を逃し、悔しい思いを経験。就職活動も後回しに、世界大会に照準を合わせて技術を磨いた。遠征費の都合をつけるためのバイトも行ってきた。大学時代に得たものは? の問いかけに「最高の仲間」と即答。準備は万全。「集大成を世界一で飾りたい」

横須賀版の人物風土記最新6

鷲尾 精一さん

横須賀に本店を置く湘南信用金庫の新理事長に就いた

鷲尾 精一さん

浦賀在住 57歳

7月3日号

高梨 喜裕さん

公認会計士、税理士で、独自にコロナ対策の融資・助成金申請の支援を行う

高梨 喜裕さん

大滝町在勤 42歳

6月26日号

三浦 麻矢さん

クラウドファンディングを立ち上げた「あすなろ学苑」で苑長を務める

三浦 麻矢さん

小矢部在勤 47歳

6月19日号

堀込 孝繁さん

6月3日に発刊された『ペリー来航始末記』の協同執筆者のひとり

堀込 孝繁さん

西逸見町在住 68歳

6月12日号

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク