横須賀版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

衣笠コミセン講座 高校生ら”等身大”演じる 来月公演に向け猛特訓

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
歌唱力を高める練習をするメンバーら
歌唱力を高める練習をするメンバーら

 市内在住・在学の高校生で構成されるミュージカルグループ「劇団叶夢(げきだんかむ)☆he(ひ)re(あ)」が1月24日(日)の公演に向け、稽古に励んでいる。同劇団は若者の夢を応援する目的で、衣笠コミュニティセンターが企画した講座から生まれたもの。総監督は元劇団四季の舞台俳優で、岩戸出身の武藤寛さんが務める。今回演じるのはメンバーらで考案したオリジナル劇「アスパラガス〜今でなければ〜」。周りに流されがちな女子高生が神様と出会い、自らの夢や周囲の人間関係に葛藤しながら成長するストーリーだ。

プロからの指導も

「ここで夢を叶える」という意味が込められた「劇団叶夢☆here」は8月末のオーディションを経て、10人の劇団員と5人の舞台裏で構成されている。ほとんどが初対面で学校や学年もバラバラだったが、演劇が好きという気持ちを介して「すぐに仲良くなれた」とメンバーの田村優佳さん(横須賀高校2年)。

 稽古が始まって3カ月が経ち、課題も出てきた。これまで約20回練習があったが、それぞれ部活や塾などで予定が合わず、さらに遅刻や欠席でなかなか全員が揃う日がなかった。講座に携わる同行政センターの岡崎俊哉さんは「時間厳守の社会やスケジュール管理、コミュニケーションの難しさなどを実感しているのではないか」と彼女たちの様子を話す。

 同コミセン体育館で行われる公演まで約2カ月。これまでは台本の読み合わせを中心に稽古。土日は正午から9時までみっちり行い、言葉1つをとっても、声の出し方で伝わり方が変わる演劇の奥深さなどを学んできた。今後は冬休みなどを使って実践的な練習に取り組む。武藤総監督や、他のプロからも指導を受け、歌唱力や演技力にも磨きをかけていく。「等身大の高校生を表現しているので、私たちと同年代や、親世代の人たちに見てもらいたい」と田村さんは期待に胸を躍らす。

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク