横須賀版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

第35回全国中学生人権作文コンテスト県大会で最優秀賞に選ばれた 菅原 汐李(しおり)さん 港が丘在住 15歳

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

言葉の重み 胸に

 ○…「気持ち悪い」。小学生の頃、首に残るアトピー性皮膚炎に対してクラスメートに言われた一言。たった6文字の言葉は、相手にとっては何気なかっただろうけれど、家で一人きりになると涙があふれ出した。10年たっても胸に残る体験と友人との交流を、5枚の原稿用紙にしたためた。8万5千を超える応募作品の中から最優秀賞に選ばれ、中央大会では奨励賞に輝いた。「賞はもとより、自分の思いがたくさんの人に伝わったことが嬉しい」

 ○…夏休みの課題として出された、人権作文コンテスト。普段意識することないテーマについて、自身の経験と照らし合わせた。思い出したくない過去だったが、書き終えると不思議と心がすっとした。母親は自身に対して「申し訳なさ」を感じながらも、おめでとうと言ってくれた。成長につれ症状は軽くなっているし、今はまったく気にしていない。「お母さんも気にしないでほしい。楽になってほしいと思う」

 ○…ツイッターやLINEなどのSNSが普及し、その気になれば気軽に世界中の人とやり取りできるようになった。一方で、「死ね」「消えろ」といった辛辣な言葉も画面上に流れてくる。ノリや冗談かもしれないが、もし気分が落ち込んでいるときに目にしたら…。誰かが言われているのを見聞きしただけでも嫌な気持ちに包まれる。そういう自身も、友人との些細ないざこざからつい相手を傷つける一言を言ってしまったことがあった。今は口に出す前に「相手がどう受け取るかしっかり考える」

 ○…田浦中音楽部では部長を務めた。人前で話すのは苦手だが、人と向き合うのは好き。介護職や父親と同じ食品メーカーの営業職にも興味がある。悲しみの胸中から救ってくれたのは、同じ悩みを持つ友人の「大丈夫」という言葉。雨雲が晴れていくようなその魔法の一言に、いつかは自分も、誰かを支える存在になりたいと思っている。

横須賀版の人物風土記最新6

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

佐久間 眞知子さん

国際ソロプチミスト横須賀の会長を務める

佐久間 眞知子さん

三春町在住 74歳

5月17日号

小林 眞由美さん

逸見地区を盛り上げる有志グループ「おゆきの会」会長の

小林 眞由美さん

小矢部在住 61歳

4月26日号

RUEEDさん(窪塚亮介さん)

アーティストとして今月、自身のレーベルとマスターマインド(株)を立ち上げた

RUEEDさん(窪塚亮介さん)

大矢部出身 30歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

浦賀町民の日常

講演会

浦賀町民の日常

「史料」に見る与力・同心

6月29日~6月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク