横須賀版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

企業誘致 2社が新たに市内進出 雇用拡大・定住促進に期待

経済

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市は今月10日、市内2件の企業進出を発表した。YRP地区内に「(仮称)イノベーションセンター」を新設する日本エア・リキード(株)と、神明町の久里浜テクノパーク内に本社・工場を設置する(株)JVCケンウッド・クリエイティブメディアの2社。両社とも、市の企業等立地促進制度の適用に向け、手続きを進めている段階だという。人口減少という課題に直面する市にとって、新たな企業の進出は明るい話題。市内産業の活性化や雇用機会拡大、定住促進に期待がかかる。

 「東京・横浜への近接性や羽田空港へのアクセス、ICT・新エネルギーなど成長分野の企業集積といった立地メリットを活かし、組織的なセールスを展開」―。定住や集客促進とともに、重要施策として企業誘致に取り組んできた横須賀市。2011年度から今年度まで5カ年の実施計画「企業誘致アクションプラン」では、新規立地だけでなく、既存企業の設備投資まで一体的な企業支援施策を掲げ、さらに誘致対象業種を拡大。市のホームページなどを活用した情報発信とプロモーションで、「働く街・暮らす街」を広くアピールしてきた。

研究開発拠点に

 YRP地区光の丘第二公園隣に研究所用地を取得した日本エア・リキード(株)は、産業・医療ガスと関連機器の製造販売などを専門としている。親会社は、産業ガス分野で世界シェア1位のエア・リキード社(フランス)。1907年から日本国内で事業展開しており、同地区への拠点設置は、「先端技術の発信・集積地」という位置づけ。新エネルギーの技術開発や通信技術普及への対応、高齢化社会での医療関連サービスの拡大などを目的に「(仮称)イノベーションセンター」を整備する方向だ。敷地面積は約1万4790平方メートル。施設規模や従業員数は未定、2018年度の操業を目標にしているという。

大和市から本社移転

 現在、7社が操業する久里浜テクノパーク(神明町)には、(株)JVCケンウッド・クリエイティブメディア(大和市)が進出する。CD/DVD/Blu-rayなど記録済み光ディスクの開発・製造・販売を手掛けており、同テクノパーク内にある(株)JVCケンウッド横須賀事業所施設の一部へ本社・工場を移転する事業計画が明らかになっている。工場面積は約1万9500平方メートル、従業員数は関連企業を含めて約500人の体制となる方向。横須賀事業所=写真=の施設一部を賃借し、新たに本社と工場を設置する形で、生産開始は来年4月。移転完了時期は9月を予定している。

5年間の課税免除

 今回の進出する2社は、企業等立地促進制度の適用に向けた調整を行っている。固定資産税、都市計画税や事業所税について、5年間の課税免除を受けられる制度で、環境・エネルギー分野の企業に関しては、立地奨励金も交付される。

 今年、同制度の適用で誘致した企業は、久里浜港の事業用地に進出するファミール製菓(株)(冷凍ケーキ製造/金沢区)と合わせて3社となる。

横須賀版のトップニュース最新6

イスラエルチーム誘致

横須賀市

イスラエルチーム誘致 スポーツ

五輪前の柔道キャンプ地に

6月14日号

シニア世代 輝きもう一度

シニア世代 輝きもう一度 文化

60歳以上の新劇団立ち上げ

6月14日号

久里浜にマリノス練習場

久里浜にマリノス練習場 社会

2022年に部分供用開始

6月7日号

谷戸活性のアイデア求む

横須賀市

谷戸活性のアイデア求む 社会

最大100万円を補助

6月7日号

若き才能 横須賀から発掘

公開音楽オーディション

若き才能 横須賀から発掘 文化

来月8日に最終審査

5月31日号

授業中の脳活動可視化

東京大教授ら

授業中の脳活動可視化 教育

三浦学苑で日本初の実証実験

5月31日号

準備工事が開始 8月着工

横須賀火力発電所

準備工事が開始 8月着工 社会

市民団体は中止運動を加速

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

浦賀町民の日常

講演会

浦賀町民の日常

「史料」に見る与力・同心

6月29日~6月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク