横須賀版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

クラウドソーシング 時間と場所 自分流に仕事 雇用創出に市が普及支援

経済

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena
新しい働き方の可能性を地元のフリーランサーが意見交換
新しい働き方の可能性を地元のフリーランサーが意見交換

 横須賀市は今月17日、「時間と場所にとらわれない新しい働き方」を触れ込みとするクラウドソーシングのセミナーを開催した。インターネットを活用して、仕事の受発注を行うもので、個人などが自分の得意分野やスキルを活かして収入を得る仕組み。市はこれの普及支援に乗り出しており、雇用創出につなげていく意向だ。

 クラウドソーシングの普及をめざす市は、この分野の先駆的企業であるランサーズ(株)に事業委託。子育て中の女性や定年退職後のシニアの参入を促しながら、すでにクラウドソーシングを利用しているフリーランスなどの受注拡大を支援していく。

 今回のセミナーには幅広い年齢層の男女約90人が参加、関心の高さをうかがわせた。ランサーズでは、興味のある人たちに向け、仕事を受注するための基礎知識や業務を進めていく上で必要となるスキル習得の講座を開いていく。

 セミナーでは、ランサーズの秋好陽介社長がクラウドソーシングの現状を説明。正社員・非正規社員とならぶ「第三の働き方」として注目を集めている。「東京の企業が発注した仕事を地方の個人が受注している形態が顕著で『仕事の再分配』という社会的な意義も果たしている」との持論を述べた。

 利用者の声を聴くパネルディスカッションでは、フリーライターの及川佳寿美さんが「満員電車を逃れたくて自宅で仕事のできるスタイルを選択。自由である反面、自律が大切。午前10時にパソコンの前にいることを自分に課している」と話した。収入面について、フリーランスWEBデザイナーの小坂浩人氏は、「1年間、集中してコンペに応募したことで数百万円の収益を得ることができた。やり方次第でしっかり稼げる」と成功例を披露した。

 ランサーズでは、自治体と連携してクラウドソーシングによる就労支援や雇用創出を進めている。鹿児島県奄美市では、農家が閑散期の収入確保に取り入れているなどの事例があるという。

横須賀版のトップニュース最新6

掴んだ悲願の初制覇

国体自転車

掴んだ悲願の初制覇 スポーツ

鴨居在住の高校生、大橋さん

10月11日号

低所得者の申請3割

プレミアム付商品券

低所得者の申請3割 経済

今月から使用開始も低調

10月11日号

生産者と商店街むすぶ大学生

生産者と商店街むすぶ大学生 経済

上町イベントで味噌汁販売

10月4日号

55年ぶりベスト4

三浦学苑硬式野球

55年ぶりベスト4 NEXT_野球

関東出場かけ5日に桐光学園戦

10月4日号

名称使えず出荷足踏み

おっぱまワイン

名称使えず出荷足踏み 経済

10月末めどに再販売目指す

9月27日号

ロボットが商品お届け

楽天×西友

ロボットが商品お届け 経済

うみかぜ公園で実証実験

9月27日号

“ベイ戦士育てた味” 給食に

横須賀市×横浜DeNA

“ベイ戦士育てた味” 給食に 教育

「青星寮カレー」が初登場

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク