横須賀版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

障害児者支援の情報サイト みんなの「一歩」を支えたい ひまわり園保護者が立ち上げ

社会

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
今月5歳になる麗ちゃんと五本木さん
今月5歳になる麗ちゃんと五本木さん

 障害児を抱えて、どこで何を相談できるの? サービスの受け方は? 周囲との関わりあい方や日常生活の不安―。横須賀市療育相談センター・通園部門「ひまわり園」の保護者が今年4月、WEBサイト「SUKASUKA(すか)-IPPO(いっぽ)」を開設する。「当事者だから分かる”気付き”を共有し、発信したい」―。そんな思いを込める。

    *   *

 「私たちは障害児を育てる普通のママ」。そう話すのは、五本木愛さん(鴨居在住)。現在、同園保護者会の会長を務め、市の教育分科会などに参加して気付いたことがあった。「市内の活動団体や制度の仕組みを知る機会が少ない」と。そこで、分科会などでの情報をまとめた通信を発行。しかし、この作業を役員が続けていくのは大変なこと。それならば、私たちが「知りたい」と思うことをWEBで発信しよう―。これに、保護者会の役員も賛同。子どもが抱える障害は違えど、同志のようなつながりがある。

 サイトは「横須賀のバリアフリー子育て情報局」として、療育のしくみや支援機関、施設や民間事業者の紹介など多種多様。遊び場やバリアフリーの店舗など、実体験をもとにした記事も用意している。さらに、悩みや心配事をざっくばらんに語れる「しゃべり場」も企画していくという。

    *   *

 愛娘・麗(うらら)ちゃんの「成長の遅さ」を感じ、病院に駆け込んだのが1歳の頃。あらゆる診療科で検査し、1年がかりで分かったのは「アンジェルマン症候群」という、聞き慣れない疾患だった。不安だらけの4人目の子育て。情報を集めるとともに、発信することで、周囲に理解を求めていった。

 わが子が障害をもっていたら―。「親自身が受け入れきれず、こもりがちになるケースも多い」と五本木さんは話す。だが、早い時期に療育や支援機関とつながることで、子どもだけでなく、親の生活環境も変わるはず。「その”一歩”を後押しすることができたら」と話す。

 五本木さんには忘れられない言葉がある。「この先、両親が亡くなったら、ぼくはどのように生活するのだろうか」と障害者作業所に通う成人が発した一言だ。将来に不安を感じる声と、自分たちの子どもの将来を重ね合わせた。この活動から資金を捻出し、法人化することも考えている。地域に根差して、閉鎖的な環境を開き、「親と子の未来を描く支えになりたい」と話し、笑顔を見せた。

横須賀版のローカルニュース最新6

シニア世代 輝きの発露

横須賀シニア劇団よっしゃ‼

シニア世代 輝きの発露 文化

「黒船」テーマの舞台 2・3月に旗揚げ公演

2月21日号

「想像力膨らませて」

三浦学苑美術部

「想像力膨らませて」 教育

長岡こども園に絵をプレゼント

2月21日号

来年度から追浜で

ベイ秋季キャンプ

来年度から追浜で 社会

2月21日号

看板から学ぶ日本文化

B級食材、味はA級

B級食材、味はA級 経済

未利用資源の活用探る

2月21日号

求めるのは「ユニークさ」

アイデアプレゼン大会

求めるのは「ユニークさ」 社会

士業集団が企画、実現を支援

2月21日号

本の感想シェアしよう

本の感想シェアしよう 文化

異世代が対話交流「読書会」

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク