横須賀版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

戦艦陸奥主砲 ヴェルニー公園に里帰り 誘致活動実り年内公開

文化

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
1tの砲弾を36Km飛ばす威力を有する主砲は4層構造の「ハイテクの塊」(=写真はお台場の船の科学館)
1tの砲弾を36Km飛ばす威力を有する主砲は4層構造の「ハイテクの塊」(=写真はお台場の船の科学館)

 横須賀海軍工廠で1921年(大正10年)に建造された戦艦陸奥。当時の造船技術を集めた日本海軍の象徴的な戦艦に、再び注目が集まっている。現在、東京都の「船の科学館」に展示されている同艦主砲の「里帰り」が今年の夏にも実現する。移設場所はヴェルニー公園。海上から輸送し、設置整備を行ったうえで、年内には公開される見込みだ。近代の歴史遺産を観光誘客施策に取り込む市にとって、新たなランドマークとなりそうだ。

「先人たちの技術を後世に」

 横須賀で起工し、数奇な運命を辿った戦艦陸奥。太平洋戦争末期、原因不明の爆発により、乗員1121人とともに、瀬戸内海の柱島沖で沈没した。戦後の1971年に引き揚げが行われ、4番砲塔(主砲)は船の科学館、山口県周防大島の陸奥記念館には艦首・主錨・副砲などが展示されるなど、同艦の装備は現在、日本各地に点在している。

 この主砲移設の話が持ち上がったのが2年前のこと。2020年東京五輪・パラリンピック開催による、船の科学館一体の再整備により、撤去が取りざたされた。これに対して「横須賀の工業技術や海洋開発発展の象徴として、主砲の移設を」と立ち上がったのが、市内の政財界人ら。元統合幕僚長の齋藤隆さんを代表に「陸奥の里帰りを支援する会(陸奥の会)」を結成。同会では、横須賀で艦体の大改修を行い、主砲を新たに搭載した1936年から80年となる2016年の移設をめざし、働きかけを行ってきた。

無償譲渡で移設

 署名活動では3万筆超を集め、こうした動きに応じて14年10月に、同館(日本海事科学振興財団)からの無償譲渡が決定した。課題となったのは、輸送方法と費用。口径41cm、全長18・8m、重さ102t―。同会では、海上輸送の費用を約4千万円と見積もり、移設費用の確保に向けた募金活動を進めてきた。市役所1階市民ホールには、同艦の模型と歴史を記したパネルを展示。さらに、市内では、軍艦グルメイベントやおみやげ品の開発なども展開し、「里帰り機運」の高まりを醸成している。

 また、同会では移設が実現したことを受け今秋、「よこすか軍艦検定」の実施を企画している。陸奥や三笠などの軍艦、近代史を含めた出題を考えているという。

地域遺産の活用探る

 移設場所となるのは、ヴェルニー公園の記念館前。市ではすでに土質調査・基本設計を終えており、今年度の補正予算で、輸送設置費用を計上。同会の寄付金約2500万円と防衛補助金約1300万円で賄われる。8月末までに輸送を行い、設置場所には説明板や照明を設ける予定。こうした整備のうえ、年内には正式に公開となる見込みだという。

 同会の齋藤代表は「地域の方々の大きな支援もあり、順調に進めることができた。移設して終わりではなく、陸奥を通して横須賀発の技術を伝え、他の歴史遺産とともに地域を活気づける仕掛けも考えていきたい」と期待を表した。

改装後の陸奥(昭和12年4月)=同会資料より
改装後の陸奥(昭和12年4月)=同会資料より

横須賀版のトップニュース最新6

40年の歩みに区切り

大楠高校

40年の歩みに区切り 教育

最後の思い出に壁面アート

2月28日号

イベント直撃 中止や延期

新型肺炎

イベント直撃 中止や延期 社会

上地市長「市主催は6月まで」

2月28日号

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク