横須賀版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

平松理事長インタビュー かながわ信金 「攻めの人事 専門家集団に」 内部体制の充実に力点

経済

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
平松廣司理事長
平松廣司理事長

 「強くてやさしい─」を経営目標に掲げる「かながわ信用金庫」。中小企業の支え手としての役割を通じて地域経済活性に取り組んでいる。同金庫の平松廣司理事長に新年の見通しと金庫の事業展開をうかがった。

 *  *  *  *

 ─金庫の業績はいかがでしょう。

 「名称変更の効果が想像以上です。県内全域を営業テリトリーとしていることを印象付けることができ、取引の幅が広がっています」

 ─信用金庫から見た地域経済の状況はどうでしょう。

 「アベノミクスの金融緩和、財政投資は一定の効果をもたらしましたが、成長戦略の具体像が示されないうちに『新三本の矢』が発表されました。税制措置と新しい仕事、それに伴う売上げの見通しがしっかり示されないと次のステップの掛け声が希薄化します。当信用金庫の営業テリトリーでは藤沢市が五輪セーリング会場決定に沸いており、4年後を先取る形で経済活動が旺盛。整備事業も動き出せばますます好転していくでしょう。製造業の集積地である綾瀬市も設備投資が活発化しているなど状況は悪くありません」

 ─社会全体を見渡すと「人口減少」の大きな不安があります。

 「人口だけでなく、企業も業種も減少基調にあります。これら3つの要素をまとめると信用金庫の取引先は段々細ることになります。

こうした状況を打破するには思い切った手を打たなければなりません。私は内部体制の強化に着手しました。店内勤務を減らし、渉外担当の比率を引き上げる人事戦略で新規開拓重視に舵を切りました。資金需要はお客様と接触することで生まれます。「お願いします」という営業ではなく、経営支援の観点に立ったアドバイスを行える人材が求められています。現在、選ばれた精鋭部隊が『渉外係(融資推進担当)』の肩書でエリア内を飛び回っています。難しい案件にも迅速に応えられるよう、外部団体40社と契約し、専門性の高い提案を行える体制を整えました。同時に預金獲得のスペシャリストも育成しており、全国の信金でベスト10に入る伸び率を記録しています」

 ─今後の事業計画を聞かせてください。

 「関内に横浜エリアを統括する拠点店舗を新設します。多様な市場環境に対応することが狙い。平成29年のオープンを予定しています」

 ─会頭を務めている横須賀商工会議所で、新年(度)に取り組むテーマをいくつか挙げてください。

 「主なところでは、空き家対策と商店街支援を考えています。前者は会員企業に呼びかけて、住める空き家を厚生施設や社員寮として活用してもらいます。後者は商店街活性の議論を深めたいと思っています。そうした場として商店街サミットなどを検討しています」

横須賀版のローカルニュース最新6

河津桜美しく 浦郷公園で満開

河津桜美しく 浦郷公園で満開 社会

地元町内会植樹の約30本

2月28日号

自転車で走る三浦半島・南房総

プロレスの迫力感じて

プロレスの迫力感じて スポーツ

逗子市で初の興行

2月28日号

初歩から学ぶイタリア語

初歩から学ぶイタリア語 文化

追浜高校で通年講座

2月28日号

国の重文、運慶仏を間近で

国の重文、運慶仏を間近で 文化

芦名・浄楽寺で春のご開帳

2月28日号

「脳トレ法」専門家が解説

「脳トレ法」専門家が解説 社会

市内出身、林さんの著書

2月28日号

穴窯の魅力、慕う弟子が伝承

穴窯の魅力、慕う弟子が伝承 文化

子安の里で作陶、故・岸川さん「遺作展」

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク