横須賀版 掲載号:2016年1月8日号 エリアトップへ

「開国検定」2月に初実施 近代横須賀の知識問う

文化

掲載号:2016年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 「横須賀に軍港資料館を作る市民の会」が主催する「横須賀開国検定」が、2月13日(土)に行われる。ペリー来航から、横須賀市が誕生する1907年までの50数年間に特化した設問を用意。製鉄所の創設150周年や日本遺産への申請など、市内の近代遺産に注目が集まる中で、市民の歴史知識を高めるのが狙い。

 地域の文化や歴史を題材にした問題で知識を測る「ご当地検定」。知名度向上や地域振興などを目的に国内各地で行われ、一大ブームとなった。数回で終わったケースもあるが、近年では、近代産業の発展と観光を絡めた「川崎産業観光検定」や、市内散策ツアーと設問を融合させた「小田原まちあるき検定」など独自の趣向を凝らした内容で注目を集めているものもある。

 横須賀市では2009年から「よこすか検定」を実施。受検者数の減少や問題の質確保などの課題もあり、計3回の実施で休止となっている。

ペリー来航以降に焦点

 来月新たにスタートする「横須賀開国検定」の実施主体となるのは、「横須賀に軍港資料館を作る市民の会」。横須賀商工会議所のほか、市内の歴史関係団体が協力する。設問は、ペリー来航以降の開国から約50年間に特化。「水道敷設や電気インフラなど、当時の横須賀は国内で最も”進化”していた街。そんな先進都市に市民が誇りを持ち、改めて学ぶ機会にしてほしい」と同会の山本詔一さんは話す。今後、2回目以降の実施も決まっているという。

 試験時間は60分、4択式のマークシートで50問。日時は2月13日(土)午後2時から。会場は、ヴェルクよこすか大ホール、受検料は1000円。参加申込は、氏名・年齢・住所を記入の上、【メール】gunkoushiryoukan@gmail.comへ、1月31日(日)締切。詳細は金文堂書店【電話】046・841・0057

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク