横須賀版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

全国高校ラグビー大会で準優勝を収めた桐蔭学園の中心選手として活躍した 高北 卓弥さん 大津町在住 18歳

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena

花園で躍動した”重戦車”

 ○…名門桐蔭学園のジャージに身を包み、大観衆が見守る花園で決勝のピッチに立った。「ついにここまで来た」―。5年前、テレビで見て憧れた場面をそのまま実現し、感慨を覚えた。「充実感がある」と大会を振り返る。出場選手中トップ、ベンチプレス120kgのパワーを遺憾なく発揮。2人同時のタックルにも倒れず、引きずりながら前進するなど、FWの軸として同校の躍進に貢献した。

 ○…母の勧めで大津小2年の時、近所で活動する横須賀ラグビースクールに入部。最初は競技を”純粋”に楽しんでいた。小4時の練習中、タックルされてボールを落とした瞬間だった。「そんなんでいいのかよ」―。初めて怒られ「火がついた」。その熱血コーチから勝敗にこだわる”本気”の楽しさを教わり、打ち込み始めた。休日はラグビーに専念し、大津中では柔道部と陸上部で体幹と脚力を強化。3食とも米2合を平らげ、屈強な体格を目指した。

 ○…中2から県選抜として活躍し、同校から誘いを受けた。胸が高鳴ったが気にかかったのが勉強。「急にどうした」といじられもしたが、なりふり構わず同級生に質問。家では1日6時間勉強し、推薦に必要な成績を残した。「あんなに机に向かうことはもうない」と苦笑する。進学当初は同校の足腰強化を目的とした砂浜グラウンドに戸惑ったが、徐々に慣れ2年時にレギュラーを掴んだ。3カ月の怪我を負っても監督からの信頼は厚く、椅子は明け渡さなかった。

 ○…多くの大学から声をかけられた中、選んだのは東海大。FWのポジションで多くの代表、トップリーグ選手を輩出し、育成に定評があることが決め手となった。大会後はメディア対応など慌ただしい日々。2月からは高校の代表候補合宿が始まり、3月にスコットランドで世界大会が行われる。束の間のオフの訪れに「今はゆっくり休みたい」と本音。英気を養い、次は世界で己のパワーを試す。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

柳川 優平さん

全国大会出場を決めた「横須賀ヤングビッグナイン」の監督を務める

柳川 優平さん

三浦市在住 36歳

3月6日号

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

大津町在住 

2月28日号

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク