横須賀版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

小学生大縄跳び大会 壁を越え、その先に 23日の本番に向け熱気

スポーツ

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena
列の先頭でメンバーを鼓舞する齊藤君(=手前右)
列の先頭でメンバーを鼓舞する齊藤君(=手前右)

横須賀青年八日会が主催する「第13回大縄跳び大会」が1月23日(土)、横須賀アリーナで行われる。小学校単位でチームを編成し、大縄跳びの連続回数を競う。昨年は野比東小が1000回の大記録をマーク、3連覇に挑む。準優勝の大塚台小も雪辱に燃えている。

挑むは3連覇

経験が自信に 野比東小


 中休みの体育館、集まった子どもたちがそれぞれ、エアジャンプを始める。跳ぶ感覚やタイミングを体に覚えさせるためだ。「集中して」「大切に跳ぼう」「助けあおう」――と声掛けが響く。大縄跳びで必要なのは、気持ちを途切れさせないことだという。前回、驚異の「1000回越え」を記録した野比東小。「目指すのは3連覇」と話すのは、リーダーの川合駿平くん(6年)。「集中力を高めて大会に臨みたい」と、意気込みは十分だ。

 先生のバックアップも心強い。縄を回す早さや高さにも注意を払い、動画で確認するなど余念がない。「回数だけでなく、異学年での助け合いも学べている」と島田忠昭教諭。本番は、チーム一丸の大きな声掛けで、王者の椅子を守る。

練習で1100回

「集中」の掛け声響く 大塚台小


 昨年、準優勝の大塚台小(昨年実績611回)は優勝に向けて本気だ。今回は6年生3チームが参戦、その中から大会記録に挑むトップチームを編成して臨む。

 12月から本格的な練習を開始、中休みと昼休みをフルに使って鍛錬を重ねてきた。縄を跳ぶ20人に対して、それ以外のメンバーが列の乱れやジャンプの高さを周囲で指摘し、修正を図っていく。リーダーを務める齊藤克哉君も掛け声を出し続け、集中力が途切れるのを防ぐ。チーム一丸となって目標に向かう体制が出来上がっている。

 これまでの練習で連続1100回を記録したという。石黒功教諭は手応えを感じているが「本番の結果こそがすべて」とメンバーの気持ちを引き締めた。
 

島田教諭を囲んで戦術を確認
島田教諭を囲んで戦術を確認

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク