横須賀版 掲載号:2016年1月22日号 エリアトップへ

浦賀 奉行所復元へ第1歩 「三郎助まつり」で署名活動

掲載号:2016年1月22日号

  • LINE
  • hatena
横断幕が掲げられた旧浦賀ドック
横断幕が掲げられた旧浦賀ドック

 浦賀奉行所の復元をめざしている地元有志グループは、明日行われる地域イベント「中島三郎助まつり」で署名や募金活動をスタートさせる。2020年に同奉行所が開設300周年を迎えることや、歴史ファンなどを取り込んだ観光活性を目的としたもので、西浦賀にある跡地約6450平方メートルに復元を試みたい意向だ。

 有志グループのメンバーで、中島三郎助の研究を行っている「中島三郎助と遊ぶ会」や郷土史家の山本詔一さんは、これを皮切りに、市内で署名や募金活動を展開していく予定だ。会場の住友重機械工業(株)機関工場では、地元住民への周知のため、開設300年を謳った横断幕を掲示。復元にかかる総工費は「30億円程度」と壮大だが、同会の大内透会長は、「草の根運動で機運を高めていきたい」と話している。

500冊の古本市

 同イベントは、浦賀奉行所与力であった中島三郎助の生誕を祝うもの。黒船来航の際、ペリーとの交渉のきっかけを作ったといわれる同氏の偉業や生涯を紹介するパネル展や、幕末にまつわるクイズラリーを実施。同会オリジナルの「黒船シチュー」ほか飲食ブースもある。時間は午前10時から午後3時半で雨天決行。ドックの無料見学ツアー(当日申込み)もある。

 地元商店街の浦賀商友会は、フリーマーケットブースで古本市を開催。昨年、地元住民などから浦賀の発展ために寄付された個人所有蔵書約500冊を販売する。売り上げは同会の活動費に充てられる。

 中島三郎助まつりに関する問い合わせは、大内さん【携帯電話】090・2165・6005

横須賀版のローカルニュース最新6

医療従事者を応援

【Web限定記事】

医療従事者を応援 社会

災害支援団体が横須賀市内2病院にマスク寄贈

5月22日号

「笑いでもっと元気に」

【Web限定記事】 市内出身鯉丸さん

「笑いでもっと元気に」 文化

視聴無料のオンライン寄席

5月22日号

建築事業者団体がマスク寄贈

【Web限定記事】

建築事業者団体がマスク寄贈 社会

三浦半島4市1町に計5万枚

5月22日号

2カ所で除菌水配布

【Web限定記事】

2カ所で除菌水配布 社会

横須賀青年会議所が市に協力

5月22日号

不気味な美しさ

運動プログラムを放送

運動プログラムを放送 社会

【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク