横須賀版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

「財政優先の計画で良いのか」 施設適正化で市民シンポ

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 市民団体「ヨコスカをよくする会」の主催するシンポジウム『市民参加で描くヨコスカの未来』が今月23日、総合福祉会館で実施された。

 テーマは、昨年1月に実施計画が策定された「施設配置適正化」。市内の公共施設を廃止や統合などで縮減する同計画に対して、「市民生活に大きな影響を与えるもの」として、慎重な議論を求める声も多く上がっている。これをテーマした同会の公開討論会は、昨年に続いて2回目。

 会場ではまず、政策シンクタンク研究員の佐々木陽一氏が「より良いヨコスカになるために―拡充から縮充への発想転換」と題して講演。同計画について、「意見聴取だけでなく、合意形成を企図しているか」「単なる施設のリストラに陥っていないか」などの課題を示した。また、他自治体の施設複合化や再編などの事例から、地域の将来像を描いたうえでの「縮充」という視点の必要性を説いた。

学校統廃合に意見

 シンポジウムには、同計画によって存続が危惧される公共施設関係者に加え、市施設配置適正化担当課長の藤田順一氏が登壇。当該施設の現状を紹介しながら、計画の再考を訴えた=写真。

 万代会館を愛する会の三澤幸子氏は「地域の緊急避難場所であり、市へ寄贈された建物という歴史を理解してほしい。民間や地域に委ねるなど、運営方法から見直しを」と廃止・売却ありきの方針に疑問を投げかけた。また、大楠幼稚園保護者で廃園の撤回を求めている眞中泰行氏は「市は公立幼稚園の意義が薄れているというが、大楠地区には私立園もない。今後の展望も示されておらず、この地域を蔑ろにしていないか」と話した。今後は、署名と議会への請願活動で声を上げていくという。

 続いて「学校をどのような場にしたいか、明確なビジョンを見せてほしい」と話したのは、学童保育所おっぱまの稲森文子氏。小学校9校が統廃合検討の対象となる中で「各校とも歴史や地域との関わりも違う。吸収合併するような統廃合はあってはならない」と投げかけた。特に、学校統廃合は「聖域」とも言われ、その動向が注目されている。参加者からは、「財政面での削減計画は施設の実態とそぐわない」「教育環境を良くするにはどうすればよいか、といった視点も必要」などとの意見もあった。

横須賀版のローカルニュース最新6

横須賀キャベツ「大嘗祭」に

横須賀キャベツ「大嘗祭」に 文化

陛下即位に伴う儀式に献納

11月15日号

横須賀”知の三英傑”一堂に

横須賀”知の三英傑”一堂に 教育

「東京湾」テーマに知見語る

11月15日号

街へ繰り出す日曜日

「夢の給食」市内から6人受賞

「夢の給食」市内から6人受賞 教育

県教委など主催のコンテスト

11月15日号

彫りと刷りの多様な表現

彫りと刷りの多様な表現 文化

横須賀美術館で「版画ワンダーランド」

11月15日号

「環境活動」もっと身近に

「環境活動」もっと身近に 文化

母親グループがECOフェス

11月15日号

君もワンチームの一員に

君もワンチームの一員に スポーツ

ラグビー無料体験会

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケルトで彩るクリスマス

よこすか芸術劇場

ケルトで彩るクリスマス

アイルランドのスター奏者も

12月1日~12月1日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク