横須賀版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

3年振りの梅林に笑顔 田浦町在住 石渡文吉さん

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
2016年版の観光地図を手にする石渡さん
2016年版の観光地図を手にする石渡さん

 「これだけ長く見ている梅だもの。愛着がわくよ」―。田浦梅の里(田浦大作町)へ通じる道にある創業50年の写真店「石渡カメラ店」のホームページには毎年、梅の開花情報が掲載されている。その更新は「最低でも週1回以上。そうでないと、意味がないよ」と同店の店主・石渡文吉さん(77)は話す。

 開花の最新状況を載せ始めたのは、約20年前。「パソコンを手にして、続ける日課がほしい」と、店から約5Km先にある梅の里に目を付けた。「地元ならではの情報は梅の開花速報だ」。シーズン初めは元旦に妻と二人で午前中に梅の里へ登り撮影し、その日のうちにアップ。新緑が茂る4月半ばまで発信し続ける。さらに周辺の観光地図を毎年1月、最新版に改定。このサイクルでやってきたが、約10年前に妻が体調を崩し、文吉さんも病を患った。「もう夫婦で登れない。気持ちもしんどい」。7年前から開花情報のページは、近所の人に委ねることにした。

澄んだ空に一輪の梅

 しかし、夫婦は健康を取り戻し、3年振りに今年の元日に2人で梅の里を登った。「初めて夕方に行ったが、景色が澄みわたり東京湾のアクアラアインがはっきり見えた。梅も1輪だけ開いていた。今まで何度も登った梅林だが、全てが初体験だった。今年は楽しみ」

 暖冬と言われる今シーズンだが、田浦梅の里の開花状況はほぼ平年並み。今上天皇の誕生を祝って1934年に植えられた梅を含む約2700本が、今年も2月中旬から開花の最盛期を迎える。毎年恒例の「田浦梅林まつり」は2月13日(土)から3月13日(日)まで開催。親子たこあげ大会や、俳句、写真の展示会など様々なイベントが開かれる。駐車場がないので公共交通機関の利用で来場を。JR田浦駅下車徒歩25分。

 問合せは、田浦観光協会【電話】046・861・4181

横須賀版のローカルニュース最新6

医療従事者を応援

【Web限定記事】

医療従事者を応援 社会

災害支援団体が横須賀市内2病院にマスク寄贈

5月22日号

「笑いでもっと元気に」

【Web限定記事】 市内出身鯉丸さん

「笑いでもっと元気に」 文化

視聴無料のオンライン寄席

5月22日号

建築事業者団体がマスク寄贈

【Web限定記事】

建築事業者団体がマスク寄贈 社会

三浦半島4市1町に計5万枚

5月22日号

2カ所で除菌水配布

【Web限定記事】

2カ所で除菌水配布 社会

横須賀青年会議所が市に協力

5月22日号

不気味な美しさ

運動プログラムを放送

運動プログラムを放送 社会

【Web限定記事】神奈川県とジェイコムが連携

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク