横須賀版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

1月31日(日)まで開催中のグルメイベント「第3回安浦フェスティバル」を発案した 堤 貴稔(たかとし)さん 安浦町在住 43歳

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

続けることに意味がある

 ○…「続けていくことが大事。ダメと思っても、1回で終わらせない」。にっこりと話す言葉に重みを感じる。今回で3回目となるグルメイベント「安浦フェスティバル」を発案。発端は「飲食店同士の繋がりと、僕らの世代が頑張らなければという決意表明です」。約200mの間にある8軒が共通のテーマ「地場野菜」に基づいたメニューを期間内のみ提供する。「トマトを使った大福、コロッケなど面白いものを揃えました」

 ○…田戸小、常葉中を経て三浦高校(現・三浦学苑)へ進学するも、中退。「当時はやんちゃしてて。モヒカンの髪型で軟式野球部に所属していました。顧問の先生が他の先生から注意を受けてしまうのが申し訳なくて、帽子が脱げなかった」と、ドラマ「ルーキーズ」さながらの高校時代を振り返る。その後「働くのなら、力仕事ではなく技術職に」と建設会社に就職し、22歳で独立した。

 ○…仕事後の1杯が美味しく、飲食店を何十軒も訪れた。「昔から食べるのが好きでした。給食も毎回おかわり。大人になってからは、作ることも楽しくなりました」。行きつけの店からは調理法を聞き出し、家で再現もした。「地元で飲食店を開きたい」。森崎にあった馴染みの焼き肉店店主に思いを打ち明けると、一般では手に入りにくい種別の「もつ」を譲ってくれた。安浦に「もつ鍋の店・温」を開店したのはそれから数年後のことだ。

 ○…「安浦は横須賀中央エリアの催しに参加しにくい地域なんです。でもそれを逆手にとり、『となりの安浦は面白いことをする新エリアだ』と思ってもらえれば」。同フェスティバルは昨年9月から始まり、11月に開催した前回は安浦港で捕れる市場で需要の低い「サメ」を各店舗でメニューにした。「次回は、アレンジしやすい餃子でいこうかなと。良いアイデアがあれば、気軽に提案してほしい」。堅実に前進する姿は、もはや「ルーキー」ではない。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

柳川 優平さん

全国大会出場を決めた「横須賀ヤングビッグナイン」の監督を務める

柳川 優平さん

三浦市在住 36歳

3月6日号

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

大津町在住 

2月28日号

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク