横須賀版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

小学生大縄跳び大会 野比東が3連覇 チームワーク乱れなし

スポーツ

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
安定感のあるフォームで回数を重ねた野比東のチーム
安定感のあるフォームで回数を重ねた野比東のチーム

 小学生がチームを組んで大縄跳びの連続回数を競う「第13回大縄跳び大会」が23日、不入斗町の横須賀アリーナで開かれた。若手経済人の団体「横須賀青年八日会」が主催した。

 市内19校から約900人、36チームが参加。3連覇に挑んだ野比東小のチーム「Bright of Wave 5 野比東」が703回の記録で優勝を飾った。

 野比東には勝つための戦術があった。キーワードは「省エネ」。間隔を詰めて1列に並んだ選手らが、小さく円を描いた大縄を低いジャンプで跳んでいく。無駄な動きをなくし、体力の消耗を最小限に抑えることで着実に回数を伸ばしていった。昨年の大会では1000回の大台に到達。表彰式の壇上に立った児童のひとりは「今回は1500回を目標にしていたが残念。優勝してうれしいような悔しいような気持ち」とコメントした。

 2位は大塚台小の「大塚台spirits」で613回。練習時に1124回を記録していたが、本番でその力を出せなかった。3位は鷹取小「鷹小ブラックス」。

 13回目を数えた今大会。出場チームのレベルが飛躍的に向上しており、今回は予選通過ラインを400回に設定。9校が決勝進出を果たし、熱い戦いが繰り広げた。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク