横須賀版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

商工会議所 食材分類し「健康食堂」に 市内飲食店が参加し、3月スタート

文化

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
料理写真と「バランスゴマ」で栄養分類を見える化=掲出の一例(市内の薬膳カフェ)
料理写真と「バランスゴマ」で栄養分類を見える化=掲出の一例(市内の薬膳カフェ)

 神奈川県が掲げる「未病」の取り組みと、横須賀市が進める「生涯現役社会の実現」―。そのキーワードとなるのは健康。横須賀商工会議所は、毎日欠かすことのできない「食」に焦点を当て、市内の飲食店などと連携した「健康食堂プロジェクト」を立ち上げた。栄養バランスを意識できる店舗を「健康食堂」と名づけ、集客PRに活用していく。

 「病気にならない身体づくりを意識し、普段の生活から健康な状態に近づける」―これを”未病を治す”と定義する神奈川県。食・運動・社会参加が3つの柱だ。また、「生涯現役社会の実現」を掲げる横須賀市は、健康寿命延伸と格差縮小を目標とした「健康・食育推進プランよこすか」を策定。生活習慣病の発症予防や生活改善などを一体的に進めている。

 「県や市が”健康になろう”と取り組む中で、地域の飲食店から、そのきっかけを提供したい」と話すのは、商議所担当者。同プロジェクトは、提供メニューの栄養バランスを提示できる飲食店を「健康食堂」と認定するもの。市の進める「よこすかE表示(バランスゴマ)」と協力し、メニュー食材が、主食(穀物類)、副菜(野菜・きのこ・いも・海藻)、主菜(肉・魚・卵・豆製品)など、どの栄養分類にあたるのか、コマ数で”見える化”する。店舗では、写真付きで表示する予定だ。「次の食事で何を補えばいいのか、1日の栄養バランスを意識できる仕組み」と、市管理栄養士で食材分類を担当する森田晴子さんは話す。また、県立保健福祉大とも連携し、同大学が作成した「機能性野菜レシピ」をメニューに取り入れることもできる。

 現状では12店舗が参加の意思を示しており、3月ごろを目途に、ガイドブックや特設WEBサイトを作成する。スタート段階では、1品以上の掲示が条件だが、表示できる品目を随時増やしていくことも可能。「メニューを案内する際の会話のきっかけにもなる。健康づくりを応援する店舗として、イメージアップになれば」と集客面での効果も期待している。

横須賀版のトップニュース最新6

「新しい利用様式」そろり再開

市内公共施設

「新しい利用様式」そろり再開 社会

定員の上限や検温も

7月10日号

市民2千人に抗体検査

横須賀市

市民2千人に抗体検査 社会

新型コロナ感染傾向を把握

7月3日号

市との一体運用求める

千代ヶ崎砲台跡

市との一体運用求める 社会

戦跡所有の民間事業者

7月3日号

「造船のまち」 記録と記憶

浦賀

「造船のまち」 記録と記憶 社会

8ミリフィルム活用、映画制作

6月26日号

給食休止期間に弁当提供

給食休止期間に弁当提供 社会

夏休みに向け寄付活動

6月26日号

観光活性に重点予算

横須賀市

観光活性に重点予算 経済

「ソレイユの丘」リニューアルも

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク