横須賀版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

学生政策提言 「空き家」活用で集いの場 基金や条例整備 若い力発揮

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞に輝いた慶応大学の江本さん(左)と同大院生の竹田さん
最優秀賞に輝いた慶応大学の江本さん(左)と同大院生の竹田さん

 高校生や大学生らが市の課題を分析し、政策を立案して発表する「横須賀学生政策コンペ」が13日、小川町のヨコスカテラスで行われた。最優秀賞に選ばれたのは「若者が主役になれるまち」をテーマに基金や拠点づくり、条例の整備を提案した慶応大学生らのチーム。優勝した同チームには今回の内容を吉田雄人市長にプレゼンする機会が与えられる。

 学生と政治の距離を近づける活動を行う学生団体「スカペンコ」の主催で昨年に続き2度目の開催。1位に選ばれたのはアイデアやプレゼンなどが評価された慶応大学生・院生で構成されたチーム。3人のメンバーは若者がより活躍しやすい環境が必要と考え、枠組み作りの一環として「拠点・条例・基金」の整備を提言した。

”3本の矢”

 若者が気軽に集まれ、地域活性化策などを実行する際の拠点が必要と感じたメンバーは谷戸地域に代表され、現在市内で問題となっている「空き家」に目を付けた。学生の相談に乗るコーディネーターを配置し、若者のコワーキングスペースとして有効活用できる可能性を提案した。

 地域活性に取り組むうえで条例の制定をすることで、より行動が起こしやすい環境になるとも発表。町内会や市民に学生と積極的に交流するよう求めるなど、若者をサポートする「学生のまち推進条例」がある石川県金沢市の事例を紹介し、横須賀にも応用可能だとした。行動に伴う資金面は地域貢献を掲げる地元企業を軸に基金を設立し、サポート環境も整える。

 メンバーの竹田和広さんはこれら”3本の矢”で「若者集団で大きな波を起こしたい」と熱く語る。

 拠点作りの一環として、竹田さんらを中心に市内の10〜20代を集め、地域活性について話し合う会議を3月に実施予定。今回の事業の一歩としたい考えだ。また既に空き家事業を展開している地元企業と連携し、ITアプリを活用する拠点を谷戸地域に作るという。

「実現性高い」

 今回のコンペにはほかに地元食材に特化したメニュー作りを提案した県立横須賀高校の生徒や、恋愛と観光を結びつける事業を発案した横浜市立大学の学生が参加した。審査員を務めた横須賀市都市政策研究所の古谷久乃さんは「どのプレゼンも質が高かった。優勝チームは実現性がある」と評価した。

 スカペンコの代表を務める竹岡力さんは「次回以降はアイデアの斬新さがより引き出せるような仕組みも考えたい」と今後のコンペの展望を話した。

久里浜中央自動車学校

「より安全な行動をとれる運転者」の育成に努めています。

https://www.kuri.co.jp/

株式会社 松尾工務店

おかげさまで創業102年――。横浜市のゼネコン!

http://www.matsuo-komuten.co.jp/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

“3密”避けた新マラソン

横須賀市×観光協会

“3密”避けた新マラソン スポーツ

クラウド上で1カ月間

10月23日号

三浦半島で「車中泊」いかが

三浦半島で「車中泊」いかが 経済

京急とベンチャーの新事業

10月23日号

近隣住民も反発

横須賀港新フェリー航路

近隣住民も反発 社会

生活に支障、港湾事業者に同調

10月16日号

男女団体で関東大会へ

湘南学院ゴルフ部

男女団体で関東大会へ スポーツ

“プロの卵”が躍進誓う

10月16日号

「歯ブラシ選び」専門家が指南

神歯大附属病院

「歯ブラシ選び」専門家が指南 社会

専門ショップ院内に開設

10月9日号

「地域クーポン」加盟低調

GoToトラベル

「地域クーポン」加盟低調 経済

手間な申請、事業者に浸透せず

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

記憶の整理整頓

タウンニュース自分史教室

記憶の整理整頓

10月27日~12月22日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク