横須賀版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

NPO法人「こどもの夢サポートセンター」で学習支援活動に取り組む 田渕 勝廣さん 森崎在住 74歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

貧困家庭の進学後押し

 ○…社会問題となっている「子どもの貧困」に真正面から立ち向かう。親の所得によって生じる教育格差が、貧困の連鎖につながる傾向を「なんとか断ち切りたい」。今年から市の委託を受け、貧困家庭の学習支援事業に取り組んでいる。先月には浦賀地区で、就学援助を受けている中学3年生を対象とした勉強会を始めた。受験まで週1回のペース。「継続が大事」―。道のりは長い。

 ○…7人兄弟の次男として、上町の酒屋で育った。大家族の生活は苦しく、店主の父は売り物の酒を自らであけてしまう”飲んべえ”。家計は火の車だった。不入斗中在学時、成績は常に上位で「高校に行きたかった」が進学費用はなく、職に就かざるを得ないと諦めていた。そんな折、当時の担任が「お前のために申請していた奨学金が通った」。”恩師”と呼ぶ教諭の好意と、優秀な成績で横須賀高校へ進学。同時に教師という職に憧れを抱いた。その後、東工大で教員免許を取得。主に理数系の担当として、県内5つの学校で教鞭をとり、3校で校長を歴任した。

 ○…定年後、スローライフの選択肢はなかった。「やっぱり子どもに教えるのが好き」。青少年育成員として学習支援を中心に活動。4年前、経済的理由で塾に通えない中学生らを対象とした学習室を小矢部町内会館で開いた。小規模の予定だったが集まった生徒は20人超。1つの町でこれだけの数が集まったことに「このような場所が多く必要」と感じた。元教諭やPTAなど、教育の”プロ”で構成する法人を設立。子どもの貧困支援に取り組む。

 ○…教育者として子どもに携わること半世紀。わかったことがある。「努力するのは子どもの役目。環境を整えてあげるのが大人」。スタートした浦賀での事業にも定員以上の応募があった。お金はないが、勉強に励みたい受験生が多くいる。「彼らを高校に送り届けたい」。60年前、自分を進学させてくれた恩師のように―。

横須賀版の人物風土記最新6

倉田 陽琉(ひかる)さん

写真作品展「『ぼくのKEIKYU』展」を開いている

倉田 陽琉(ひかる)さん

安浦町在住 16歳

1月24日号

森田 佳重(よしえ)さん

母子保健推進会議会長表彰に選ばれた

森田 佳重(よしえ)さん

横須賀市こども健康課勤務 58歳

1月17日号

齋藤 順也さん

(公社)横須賀青年会議所の理事長に就任した

齋藤 順也さん

久里浜在住 39歳

1月10日号

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

仮面ライダーの最新作で、主人公の“ギャグ指導”を担当している芸人

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

野比在住 27歳

12月20日号

武政 祐(たすく)さん

学生向けキャリア教育事業を手掛ける「NPO法人アスリード」を立ち上げた

武政 祐(たすく)さん

平作在住 32歳

12月13日号

江口 健介さん

横須賀でSDGsの普及活動を主導する

江口 健介さん

湘南鷹取出身 31歳

12月6日号

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク