横須賀版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

理系人材育成の私立高 都内の事業者 2020年開校めざす

教育

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

 世界で活躍できる科学者・技術者を養成する全寮制のインターナショナルスクール(私立高校)を横須賀市内に新設する計画が持ち上がっている。都内で学習塾を経営している若手起業家などが発起人となって、2020年開設の目標を掲げて準備を進めている。理科系科目に重点を置き、全授業を英語で行うなどの特色ある教育カリキュラムを用意。国外から留学生も迎える。開設場所に関しては「適地を探している段階」(発起人)で、300人規模の生徒の受入れを想定しているという。

全寮制で授業は英語

 新校の開設をめざしているのは、「International School of Science設立プロジェクト」(略称・ISSJ)。都内に4校ある学習塾ロジムの創業者である野村竜一氏を筆頭に、元NHKアナウンサーの堀潤氏などが発起人に名前を連ねている。

 理科系科目を中心に、プレゼンテーション能力や国際的なコミュニケーション能力の向上を重視した授業を行う方針。多国籍な生徒が机を並べる環境を想定しており、一定水準の英語力は必須とするなど、エリート育成の色彩が強いのが特徴だ。

 このほかに男女共学で全寮制とすることを検討しており、校内または近接地に施設を設ける。生徒数は1学年100人とし、全校で300人規模を将来構想としているが、開設時は50人程度の少人数編成でスタートする考え。

 同プロジェクトでは昨年に続いて、8月3日(水)から1週間の日程で「サマースクール」と銘打った宿泊型短期教室を横須賀リサーチパーク(YRP)で開講。学習プログラムの検証の場とする。料金は15万円となるが、50人の定員はすでに一杯。参加者の内、3分の2は外国籍の生徒が占めているという。

 横須賀を開設予定地に選んだ理由を野村氏は「米海軍基地があり、国際的な都市イメージが確立されている。開国の歴史など、新しいものを受け入れる文化も根付いている」とコメントしている。

 横須賀市も今年度の事業計画に「インターナショナルスクール誘致」を盛り込んでおり、調査・研究費として約22万円を計上。英語コミュニケーション環境の充実化は吉田市長の肝いり施策のひとつであり、今後なんらかの動きがありそうだ。

横須賀版のトップニュース最新6

ストリートダンスで熱くなれ

ストリートダンスで熱くなれ 社会

全国規模の大会、横須賀市が誘致

5月20日号

土地活用へ市場調査開始

大矢部弾庫跡地

土地活用へ市場調査開始 文化

民間事業者から意見募る

5月20日号

4回目接種 6月開始

新型コロナワクチン

4回目接種 6月開始 社会

60歳以上と基礎疾患のある人

5月13日号

障害者の働く場つくる

久里浜

障害者の働く場つくる 社会

NPOが商店街店舗引き継ぎ

5月13日号

9月末で営業終了

観音崎京急ホテル

9月末で営業終了 社会

新事業者運営で来春再開

5月6日号

BMX「聖地化」へ第一歩

横須賀市

BMX「聖地化」へ第一歩 スポーツ

うみかぜ公園でジャパンカップ

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook