横須賀版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

ジュニア選手の育成強化 体育協会がアカデミー開講

スポーツ

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena
対象種目はセーリング、新体操、ライフル射撃、レスリング(右上から時計回り)
対象種目はセーリング、新体操、ライフル射撃、レスリング(右上から時計回り)

 横須賀市体育協会は次世代を担うジュニアアスリートの強化を目的としたアカデミーを開講する。市内在住・在学の小学6年生・中学1年生を対象としており、レスリング・新体操・ライフル射撃・セーリングの4種目でトップアスリートの養成に力を入れる。

 同協会では9月中に対象学年へ募集要項を配布しており、10月から各種目の体験・面接を随時実施。選考を経て11月から本格的な指導に当たっていく。練習は週に1回のペース(セーリングのみ月2回)で期間は2018年3月末までの1年半。同協会に所属する指導者らが技術を伝える。同協会の担当者は「専門的な指導により、市内から大きな大会で活躍できるような選手を輩出していけたら」と話している。

土壌のある競技軸に

 この4競技はすでに市内で整った環境があるものや実績を残している種目。ライフル射撃は県内に2カ所しかない競技場が神明町のくりはま花の国内にある。同施設を拠点にするマティウス剣選手(湘南学院高校1年)が昨年、史上最年少で国体出場を決めるなど、施設の充実が好成績に結びついている格好だ。セーリングの練習会場となる和田長浜海岸も競技に適した風が吹き、環境が整っている。

 レスリングは先月の世界大会に市内出身の奈須川良太選手が出場し、開催中の国体にも4選手が選出されるなどレベルが伝統的に高い。新体操ではインターハイに3年連続で出場経験のある緑ヶ丘女子高の指導者が今回のアカデミーで指導にあたるなど、各種目で地の利を活かして、アスリートを養成していく。

横須賀版のローカルニュース最新6

ノジマに”エコ”ピラミッド

ノジマに”エコ”ピラミッド 教育

横校生制作の啓発作品

11月27日号

「飲まない」市場を攻略せよ

「飲まない」市場を攻略せよ 経済

“ゲコノミクス”提唱者が語る飲食業の販路開拓

11月27日号

商店街の魅力を再発見

浦郷小6年生

商店街の魅力を再発見 教育

歳末イベント「お手伝い」

11月27日号

JAで防犯訓練

「コロナ対策」市に17の提言

横須賀市議会

「コロナ対策」市に17の提言 政治

11月27日号

湘南信金が防災備蓄食を寄贈

湘南信金が防災備蓄食を寄贈 社会

食支援のNPOに1万8千食

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク