横須賀版 掲載号:2016年10月14日号 エリアトップへ

全国消防操法大会 久比里分団 息合わせ「放水開始」 今日14日に長野県で

社会

掲載号:2016年10月14日号

  • LINE
  • hatena
標的に向けて放水を行う訓練中の様子
標的に向けて放水を行う訓練中の様子

 放水で標的を倒す消防操法の全国大会が今日14日(金)に長野県で行われ、横須賀市第37分団(久比里)が県代表として出場する。同分団は7月に厚木市で行われた県大会において市勢として8年ぶりの優勝を飾り、初めての全国大会に挑む。

* * *

 久比里分団が出場するのは小型ポンプ部門。消防車が入れない時の火災現場で活躍するものを使用。20メートルのポンプを3本つなぎ合わせ、標的を倒すまでのタイムはもちろん、操法の基準に則った動作であるかなどが審査の対象となる。

 同分団には18〜60歳の男女約20人が在籍。今回は指揮者として放水を行う臼井孝典さん(47)、ホースを展長する1番員の宮澤剛知さん(34)、吸管を主に扱う2番員の中島正義さん(35)、送水を行う3番員の臼井翔さん(30)、補助員の笹木忠さん(40)でチームを組む。普段は建築業や整体などそれぞれ別の仕事に従事しており、終業後の8時以降から、同町内の広場で訓練に励んでいる。

 現在、41分団が参加する市の大会を3連覇中。伝統的に消防団活動が盛んな地域で、今回のメンバーである中島さんらは入団が可能になる18歳から所属している。多い時は週3回、他に比べて訓練量が多いことで連携に自信を持つ。今年は3度目の県大会挑戦で、経験を積んできていたことが優勝の要因だとメンバーは口を揃える。

町内も応援

 地元久比里地区でも盛り上がりを見せている。先月25日には、副市長らを招いた壮行会を連合町内会などの主催で開催。全国大会に向けても市から提供されたバスに加え、分団と協力して30万円超を割いてもう1台チャーター。朝4時出発の便などで総勢約100人が5時間かけて長野県まで帯同する。

 同町内会長の島内幸一さん(73)は「防災訓練の時などお世話になっている。互いに協力し合える関係を築いている」と話している。団員の中島さんは「夜遅い訓練にも理解を示してくれ、応援にも来てくれる。全国大会ではみなさんの期待に応えたい」と活躍を誓った。

団には約20人の男女が所属
団には約20人の男女が所属

横須賀版のローカルニュース最新6

「地域課題」まずは共有

「地域課題」まずは共有 社会

三浦学苑高生が問題提起

8月23日号

大音量で音楽映画

大滝町ライブハウス

大音量で音楽映画 文化

よみがえる大スクリーン

8月23日号

歩いて考える「谷戸」活用

歩いて考える「谷戸」活用 社会

謎解きイベント 学生団体が企画

8月23日号

「南国気分味わって」

「南国気分味わって」 社会

浦賀のカフェに白い砂浜

8月23日号

イスラエル選手と”JUDO”

イスラエル選手と”JUDO” 文化

学生ら横須賀学院で交流

8月23日号

10mの特大「らくがきアート」

10mの特大「らくがきアート」 社会

立場や障害を超えて交流

8月23日号

「楽器に触れて 楽しんで」

「楽器に触れて 楽しんで」 文化

プロ演奏家が体験会

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク