横須賀版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

中学校駅伝 大津男子 大会新で4連覇 女子は13年ぶりに追浜

スポーツ

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
最後は独走となったアンカーの伊藤徳君
最後は独走となったアンカーの伊藤徳君

 市内24の中学校で競われる駅伝大会が今月22日、国道16号線の馬堀海岸で行われた。男子は大会新記録で大津が優勝。女子は追浜が制した。両校に加え、男子は池上、浦賀、鴨居、女子は浦賀、神明が11月5日(土)に横浜市の八景島で行われる県大会に出場する。

3人が区間新

 大津と池上による抜きつ抜かれつの激しいデッドヒートとなった男子。勝負を決めたのは大津の5区・伊藤諭(さとし)君・最終の6区・徳(ただし)君の双子ランナーだった。

 トップの池上から17秒差で襷を受けた弟の諭君。「抜ける距離だと思った」と徐々に差を詰め、逆転。区間新でアンカーの兄につないだ。徳君も「頑張ってきたな」と弟の快走を称えながら自身も差を広げ、負けじと大会新でゴールテープを切った。「前に選手がいた方がタイムは出た」と余裕も見せる。

 2区の本田一平君(3年)も含め、大津は3人が区間新。合計タイムも昨年、同校が出した記録を抜いた。しかしここはまだ通過点、あくまで目標は全国大会出場。昨年は県大会2位で惜しくも切符を逃している。「今年こそ優勝、そして全国」。昨年のメンバーでもある蛭田哲平君(3年)が話すように、手応えを掴みつつ”本番”に挑む。

池上、躍進の2位

 優勝争いを演じた池上。遠藤拓磨教諭らが駅伝チームを率いて3年目、18位、6位、そして今年は2位と、他の学校からも一目置かれる成長を遂げてきた。赴任当初の1年生が現在3年生になり、チームを引っ張っている。「規律など意識改革をしてきた成果。距離の長い県大会では大津とも競り合える」と遠藤教諭は愛弟子たちに期待を寄せる。

 女子はトップから8位までが1分以内の大混戦となった。「3位以上のチームから区間賞が出ないのは珍しい。最後は総合力の勝負だった」と大会の専門部長を務めた外村公一教諭(浦賀中)は接戦を振り返った。

 制したのは追浜=写真下。「(距離が長い)1区で上位に離されなければチャンスはあると思っていた」と坂田俊之教諭。その読み通り1区で5位につけると徐々に順位を押し上げ4区で首位に。アンカーの佐々木彩良さん(1年)は「緊張がすごかった」と話しながらも区間3位の走りでリードを広げ、ゴールした。

 追浜は5人中4人が1・2年生。「全体的に1、2年生が多い大会だった。追浜をはじめ、来年は今回の経験で成長した選手たちに期待したい」と外村教諭は総括した。

ヒロイン一転、涙

 エースが揃った1区で3位。それでも宮下愛香さん(久里浜3年)は涙を流した。

 昨年は、アンカーで大逆転劇を演じ、16年ぶりの優勝に大きく貢献した。その後も1500mで県6位入賞を果たすなど、その走りが注目されていたが、腰の痛みを抱えており、万全とは程遠い状態だった。優勝候補だったチームも6位。「自分が良い流れを作れなかった」と昨年のヒロインは唇を噛みしめた。
 

苦しそうな表情で走る久里浜の宮下さん
苦しそうな表情で走る久里浜の宮下さん

横須賀版のローカルニュース最新6

「地域課題」まずは共有

「地域課題」まずは共有 社会

三浦学苑高生が問題提起

8月23日号

大音量で音楽映画

大滝町ライブハウス

大音量で音楽映画 文化

よみがえる大スクリーン

8月23日号

歩いて考える「谷戸」活用

歩いて考える「谷戸」活用 社会

謎解きイベント 学生団体が企画

8月23日号

「南国気分味わって」

「南国気分味わって」 社会

浦賀のカフェに白い砂浜

8月23日号

イスラエル選手と”JUDO”

イスラエル選手と”JUDO” 文化

学生ら横須賀学院で交流

8月23日号

10mの特大「らくがきアート」

10mの特大「らくがきアート」 社会

立場や障害を超えて交流

8月23日号

「楽器に触れて 楽しんで」

「楽器に触れて 楽しんで」 文化

プロ演奏家が体験会

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク