横須賀版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

県1部へ昇格を果たした社会人サッカーチーム「横須賀CITY FC」の監督を務める 安田 将さん 長坂在住 44歳

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena

”身近なヒーロー”育て上げ

 ○…創設から20年携わってきたチームを市勢初の県1部に導いた。「ほっとした」と安堵の言葉が口に出る。選手がサッカーに打ち込む分、家族など「影で犠牲になる」人がいる。彼らや支えてくれる人に「少しは報いることができた」からこその思いだ。一方で当の本人に満足感はない。「1戦1戦が特別だから」。仕事の都合、異動や転勤もあり、選手の入れ替わりは激しい。この仲間で戦う「最後」の試合だと言い聞かせ、ピッチへ送り出している。

 ○…大楠小で「好きだった」サッカーは大楠中で「嫌いになった」。1人だけ上級生の試合に出ると、先輩から「生意気」と言われ、同級生に無視されるなど人間関係に悩んだ。ボールを見るのも辛くなり、高校では続けなかった。その後就職した横須賀市消防局。ここで再び巡り合う。先輩に誘われ久しぶりにプレーすると小学生当時の純粋さが甦った。技術も錆びていない。仕事終わりに練習に没頭、仲間を集めチームを作り、第2のサッカー人生が始まった。30代前半からは選手兼監督を務めている。

 ○…消防では救急隊に所属。119番通報のあった現場へ救急車で駆けつける。心掛けるのは「人の良いところを見ること」。ベストを尽くしても不満を言われることがあるが、それでも一言「ありがとう」の言葉で救われる。監督でも同じスタンス。欠点を指摘するのでなく、長所を見て評価する。選手が気持ちよくプレーできる環境を整えている。

 ○…湘南学院や三浦学苑、チームには市内の強豪出身も多く在籍するが大学などで挫折した選手も多い。そんな彼らに伝えている言葉がある。「身近な週末のヒーローになれ」。スクール指導やOBのつながりで日頃から関わる子どもたちがいる。昇格を決めた日曜日のリーフスタジアムにも多く駆けつけてくれた。ピッチに声援を送る子ども、応えた選手。その光景を見て自分の言葉が現実になってきている実感がある。

横須賀版の人物風土記最新6

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク