横須賀版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

横須賀美術館 動く彫刻 異空間の旅 企画展「新宮晋の宇宙船」

文化

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena
新宮晋《空のこだま》2016年長崎県美術館での展示時に撮影 ⓒSusumu Shingu
新宮晋《空のこだま》2016年長崎県美術館での展示時に撮影 ⓒSusumu Shingu

 風や水の流れを「かたちにとどめる」―。自然のエネルギーを用いた「動く屋外彫刻」で独自の世界観を広げる新宮晋氏の企画展が、横須賀美術館で催される。会期は11月3日(祝)から12月25日(日)。

 イタリア留学中の1960年代、鉄線フレームにキャンバスを縫い付けた立体作品を発表。以降、一貫して自然エネルギーで動く彫刻を手掛けており、風景と一体となった作品は、世界各地に設置されている。

 同企画展では「新宮晋の宇宙船」と題し、室内のわずかな空気の流れで動く「ハンギング・モビール」を中心に近作・新作15点で構成。水力で動く作品「小さな惑星」では、メタリックなパーツに反射する光や影など、幻想的な空間が表れる。また、同館の海の広場では、国内外の6カ所で展開した「ウィンドキャラバン」の彫刻作品21点を設置。美術館全体を1つの大きな作品として楽しめる。

 11月5日(土)、12月3日(土)には、自然エネルギーだけで自活する村の実現に向け活動する同氏を追った映画「ブリージング・アース」の上映会を行う。両日とも午後5時半開場、参加無料。
 

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク